TOP ≫ 波止TOP ≫ 釣行記事

釣り場 : 大分県

Writer : 編集部

Residence : 大分市

Club :

Pride :

エギング3Days

2019年 10月 23日 15時頃

100gくらいか…。ここ数年は、このサイズを釣るのすら難しくなってきたな〜としみじみ思う。※10月11日、大分市小生志木漁港にて。10月23日、24日とエギング釣行のため2連休を取得していたが、あいにくの天候不良にて断念。そんなこともあろうかと、月末の29日〜31日、3連休を取得しておるわ!3連休あったら何とかなるじゃろ。しかし、認識が甘かったことを筆者は思い知ることになる。

3連休初日、29日は正午から釣行開始。微風、暖かい日差し、ワンダフルエギングデイ!長目半島を臼杵側からランガンするが反応無し。四浦半島を津久見側からランガンするが反応無し。デイエギ、ここ数年はこんなもんじゃろうって、筆者だけ?16時、鶴見大島に渡って夜通しエギングしてみる?フェリー乗り場へ行ってみると、すでに数人のエギンガーが乗船準備。平日でこれだもんな〜(笑)。鶴見大島の渡船を諦め、鶴見半島をランガンすることに。17時、海洋研究センター裏から開始。久しぶりにシャクリ切れ。あれ?またシャクリ切れ。夕まずめ、このエリアはカマスがいるみたい。これ以上エギをロストしてはたまらんと場所移動。

鶴見半島で釣行することが少ない筆者。漁港を中心に場所移動。3ヶ所目の漁港で、泳がせ釣りとエギングをしている2人組に話しかける。「どうっすか?釣れますか?」。「今日は駄目だね〜、先週は良かったけどね。先週はこの漁港で10パイ釣ったよ」。さすが鶴見半島、ポテンシャルを持ってるぅ〜。微風でエギング日和、先週は10パイ。でも今日の鶴見半島は釣れない。さすが筆者、ポテンシャルを持ってない男ぅ〜。時刻は深夜22時。正午から開始しているため正直疲れた。まだ2日間残っている。今日は撤収し、30日に再釣行だ!

3連休2日目、30日は18時から。ホームグラウンドの佐賀関の小生志木で釣行開始。中潮、満潮は21時22分。ここは干潮だと潮位が低すぎて、モイカが接岸してこない。潮位のある満潮前後を狙い、18時からキャストし続けること約2時間半。はい、魚信無し。根掛かりしにくい場所だが、すでに2個のエギをロスト。今夜はやけに寒い。インナーは着込んでいたが、下半身はジーパン1枚。寒さに耐え切れず20時半に車に非難。佐賀関の他の場所でランガンしようと車を臼杵方面へ走らせたが、全ての釣り場がエギンガーで埋まっている。平日でこれだもんな〜(笑)。佐賀関の釣行を諦め臼杵を通り越し津久見まで移動。津久見も要所にはエギンガー。空いている釣り場でエギング開始…、でも寒い。小生志木で寒さを我慢しながら2時間半釣行したことで、体の芯から冷えてしまった。47歳、無理は禁物。時刻は23時。まだ1日間残っている。今日も撤収し、31日に再釣行だ!

3連休最終日、31日、11時〜12時半。満潮後の大分市の小生志木と福水でデイエギ。ぽかぽか陽気のエギング日和。寒くないって素敵。両漁港ともにモイカのチェイス無し。3連休ラストチャンスの今夜。「釣れない」を想定してアジ、メバル狙いに切り替えるか。いや、逃げちゃだめだ、3連休の最後もエギングじゃ!

どこで釣るか悩む筆者。前々日の鶴見、前日の佐賀関の不釣を考えると、今回は蒲江に行ってみるか。いや、ここはホームグラウンドの佐賀関で勝負すべきだ。なぜなら、蒲江まで行くためのガソリンが車に入っていないからだ。3連休最終日、31日、17時半〜20時、満潮21時53分。愛媛街道を臼杵方面へ。主要な釣り場はすでに釣り人がエントリーしている。何度もいうが平日でこれだもんな〜(笑)。

下浦の地磯のテトラ帯は釣り人がいないのでは?ビンゴ!エギンガーがいない。17時半、釣行開始。日が落ちた17時50分、ついにその時はやってきた。よっしゃぁー!460gゲット!マジ?2連続!さっき釣ったのと同じくらいか?いや少し大きいか。そろそろ海面に上がってきたかな…。マジ?フックオフしたの?アワセもバッチリ、ドラグもいい感じの設定だったじゃん。

マジ?3連続!よっしゃぁー!460gゲット!2連続目をフックオフしたことが悔やまれるが、3連休の最終日に3連続の魚信で、何か報われたぁ〜。その後、2時間シャクったが魚信無し。満潮まで粘れば、まだドラマはあるかもしれないが、疲れもあり20時に納竿。

次の日の朝、11月1日の5時〜7時、干潮4時20分。あの3連続感動よもう一度!往生際が悪いのよ(笑)。同じ釣り場で朝まずめを狙ってみる。5時40分、360gをゲット。その後、1時間ほどシャクりましたが、魚信無し。魚信はこの1回のみ、7時に納竿。どこに回遊してくるかわからないモイカ。昨日釣れたからといって、今日釣れるわけではない。エントリーした場所にモイカが回遊してくるかは正直運任せ。「運とタイミング」が悪いとランガンしても釣れない。今回の3連休の釣行は、ガソリン代、高速代、エギのロスト6個、トータルで1万円くらいかけモイカ3バイ、1300g。100g300円くらいとして、3900円。約6000円の赤字。今年のエギングも大赤字じゃ〜(笑)。

追伸・・・下浦の地磯のテトラ帯ですが、朝まずめにテトラ帯によって形成された小さなワンドに40〜60cmくらいのスズキがベイトをバシャバシャと音を立てて追い込んでいました。スズキを狙ってみるのも面白いかもしれません。

HN/アトピーパパ・記

筆者のタックル

つり太郎WEB内を検索

バーコード