TOP ≫ 波止TOP ≫ 釣行記事

釣り場 : 大分県

Writer : 編集部

Residence : 大分市

Club :

Pride :

鶴見地磯のクロが上向いている!

2020年 11月 30日 19時頃

11月30日、中潮。寒さもだいぶ厳しくなって来たこの日、鶴見半島の地磯、波止にクロとモイカを狙って釣行してきました。この日は久しぶりにモイカが食べたくなり、半日エギング、半日クロ釣りの予定で釣行です!

暗い内に出発し、現地に到着したのは7時前。早速エギング開始です!しかし、例年であれば、すぐにエギの周りに集まってくるはずのモイカ達が全く見られません…。一通りのポイントを探っても反応が無いため、すぐに場所移動です。この時期のエギングでは、活性のあるイカに的を絞り、ランガンで広く探るのが数を伸ばすコツかもしれませんね!

次のポイントでも一通り探りますが、こちらも反応がありません。その後、昼前まで4ヶ所ほど回りましたが、モイカの姿が全く見られないため、諦めてクロ釣りに変更します。まずは、地磯のポイントに入り、フカセ釣り開始です。今回のマキエは、沖アミ生3角にいつも愛用しているマルキユーの「グレパワーV9特用」、「超遠投グレ」、「爆寄せグレ」を各1袋ずつ丁寧に混ぜ込み、遠投が効くように仕上げました。仕掛けは、がまかつ「マスターモデル口太Ⅱ/M50」に、道糸はサンライン「ビジブルフリー1・5号」、ハリスも同社の「ブラックストリーム/1・5号」を使用し、ハリはがまかつ「ファイングレ/5号」をセット。

まだ水温も若干高く、エサ盗りも見られるため、浅ダナを意識して、7mのハリスの中に釣研「エキスパートグレV/0α」を通して、竿1本までのタナを探るイメージで開始します。まずは20m付近に狙いを定めてマキエを打つと、出て来たのはウスバハギです。それも5〜6枚は群がっており、仕掛けを入れるのを躊躇するほどです。ウスバハギは浮いて目立つものを捕食する習性があるため、派手な道糸やウキ周りの糸を噛み切る恐れがあるので注意が必要です。

そこで、一旦沖は諦めて足元のエサ盗りがギリギリ出ない10〜15m付近を狙います。ウスバハギが寄って来たら沖へ戻し、足元のエサ盗りが寄って来たら、仕掛けを戻してなるべくクロだけが出て来やすい状況を作ります。5〜6投に一度はツケエが残るものの、中々クロは食ってくれません。たまにクロの姿が確認できるものの、アタリがないまま2時間が過ぎた頃…、エサ盗りを上手く避わしてクロが出て来れば、アタリそうだと感じた1投、ウキが勢いよく海中へ沈んで行きます。すかさずアワセを入れると、かなりの重量感に襲われます!何とか体勢を立て直し浮かせに掛かりますが、中々底を切れません。執拗に瀬に向けて走る事と、引きからして良型グロを確信し、時間を掛けてタモに収まったのは、47cmのクロ!久しぶりの価値ある1尾に喜びが込み上げます。その後はアタリも無いため、近辺調査を兼ねて場所を移動する事にしました。

次に向かったのは、比較的水深の浅い道路端にあるテトラのポイントです。ここは、厳寒期に40cmオーバーの実績もあり、水深が無いからと侮れない場所です。早速開始すると、20分程度は反応が無かったものの、マキエが効いて来たのか、徐々にコッパクロがアタリ始めます。水深が浅いため、遠投+瀬周りを重点的に狙っていると、道糸が弾け飛びます!瀬やテトラを避わしながらタモに収まったのは、30cmオーバーのクロ!その後もポツポツアタリが続き、日が沈み始めた頃、会心のアタリを捉えます!何度か瀬に張り付かれながらも浮いて来たのは、35cmのクロです!この日は、暗くなって糸が見えなくなるまでアタリ続け、久しぶりに地周りのクロ釣りを堪能する事が出来ました。

今シーズンは比較的ゼンゴが少なく、クロが狙いやすい傾向にある様です。また、その他の大分県内の磯群でもクロが釣れ始め、今後更に上向いて来ると思われます。皆さんもシーズンインしたこの時期に、クロの数釣りを狙って釣行してみてはいかがでしょうか!

T・CLUB/藤本祐一郎・記

筆者のタックル

つり太郎WEB内を検索

バーコード