TOP ≫ 磯TOP ≫ 釣行記事

釣り場 : 大分県

Writer : 編集部

Residence : 大分市

Club :

Pride :

マルキユー新作集魚剤を使ってクロ釣り

2020年 11月 23日 18時頃

11月23日、中潮。今回は前線の影響でウネリが予想されたため、少しでも安全第一を図って影響を受け難い鶴見大島に釣行したので紹介します。同行人は後輩の陸君です。

準備したマキエは沖アミ生3角に、マルキユーの「グレパワーV9スペシャル」と「グレパワーVSP」、そして今季新発売の「グレパワー沖撃ちスペシャル」を選択し、遠投の視認性と集魚効果の高いバランスに仕上げました。ツケエはいつものようにマルキユーの加工オキアミ「グレ丸」と「くわせオキアミV9/M」の2種類を準備しました。

仕掛けですが、竿はがまかつ「インテッサGⅤ/1・0号/5m」に、道糸が1・5号、ハリスは前回使用して確信を得たサンラインの「NEWブラックストリーム/1・5号」を使用しました。ウキは釣研「エイジアマスターピース/01」を選定。ハリはがまかつ「掛りすぎ口太/5号」です。

上がった磯は、「ダン鼻の窓」。潮はゆっくりと左から右に流れ、さっそく仕掛けの投入です。流れに逆らわず、ゆっくり流していきます。するとウキが見えなくなったので道糸に集中していると、手元から道糸が弾き出され体感ショックのアタリが出ます。すぐにアワセを入れると、竿に乗った瞬間にまさかのバラシ…。回収して確認してみると、チモト切れでした。おそらく歯の鋭い魚だと思います。

気を取り直し2投目。同じパターンで狙いの潮に仕掛けを流します。順調にウキが潮目に吸い込まれ、道糸のアタリを待ちます。すると予想通り「バチバチ〜」っと道糸が弾き出され、アタリをキャッチします。次こそは…と思っていた矢先、いきなり竿に乗っていたはずの重量が一気に軽くなります。回収するとまさかのすっぽ抜けです…。

2度のバラシで焦る気持ちを抑えつつ、すぐさま3投目を投入。今度はウキが潮目手前で一気に消し込んだので、瞬間的にアワセを入れます。3投連続のアタリです。しかし、わずか3秒のヤリトリで竿のテンションが緩くなり、回収するとハリにはクロのウロコが付いていました。運が悪いのか?アワセに問題があるのか?答えは分からないままですが、少し頭を冷やすため食事休憩とします(笑)。

そんな中、同行人の陸君にも待望のヒット!陸君が釣り上げた魚は、立派なイシダイでした。見事に口元にハリ掛かりしていました。その後も足元には大型のイズスミやオナガらしき魚がマキエに食い上がってきます。陸君も大型の魚を何度もヒットさせますが、取り込む事ができず苦戦しています。そして、潮は上げ潮に変わり「大バエ」方向に流れ始めました。

この変化を見逃すまいと、すぐに仕掛けを流してみます。思った以上に潮の押しが強く、仕掛けの馴染みが悪いため、ガン玉G3を追加することにしました。気を取り直し川のような潮の中に、仕掛けをダイレクトで投入します。5分程流した頃、再び道糸がバチバチ〜と出ます!すぐにアワセを入れると、今度はしっかりとハリ掛かりしたようで、ゆっくりと手前に寄せます。慎重に寄せて無事に顔を見せてくれたのは、良型のイサキでした。

少しホッとし、次はクロを狙うため、ガン玉をG3からG5に変更します。すると答えはすぐに返ってきました。ウキが潮目に入り込み少し張り気味にしていると、竿先に反応があったので、すぐにアワセを入れます。ヤリトリをしていると、竿に伝わる体感がスマートな引き方である事から、これはクロだと確信し、慎重に寄せます。やっとの思いで顔を見せてくれたのは、本命である35cm程の口太でした。苦戦していたので、素直に嬉しいと思います。

引き続き同じパターンで潮に逆らわず素直に道糸を送り込むと、クロのタナを過ぎてしまったのか?アタってくる魚は、バリばかりになります。そこでさっきクロが食ってきたタナに合わせるために、仕掛けが潮目に吸い込まれた後に道糸を送り込むのではなく、沈下スピードをダウンするイメージで少し張り気味に誘います。すると竿先に「ツンツン」っというアタリをキャッチ!すぐにアワセを入れると、先程のクロより重量感があり、さらにスマートな引き!落ち着いてタモ入れに成功します。納竿間際に40cmを超える立派な良型グロを手にすることができました。

今回の釣行はクロのタナを見極め、素直に合わせることが出来たことで釣果に繋がったと思います。これからも自分なりにPDCA(計画・実行・評価・改善)を繰り返し、魚からの答えを求めて、楽しい釣りを満喫したいと思います。

釣研FG大分県支部/GFG大分/MFG九州/城本透・記

筆者のタックル

つり太郎WEB内を検索

バーコード