TOP ≫ 磯TOP ≫ 釣行記事

釣り場 : 大分県

Writer : 編集部

Residence : 大分市

Club :

Pride :

釣り納めで良型口太炸裂!

2019年 12月 28日 0時頃

皆様、新年明けましておめでとうございます!本年もどうぞよろしくお願いします。新年1発目は昨年12月28日の釣り納めの模様をお伝えしたいと思います。当日は長男との長年の約束を果たすべく親子2人での磯釣り。今年社会人となった息子に何とか釣らせたいとの釣行になります!

気温は1度!かなり寒い。加えて前日の冷たい雨の影響で、水温低下が魚の食いに影響してるか不安ですが…。朝4時30出船の「えびす丸」で向かった先は「カイドク裏」。基本当て潮で難しい釣り場ですが、デカバンも潜む大好きな磯です。船着きに息子、ワンド側へ私が入り7時スタート。当日の仕掛けは下図を参照。まずは状況確認のため、足下にじっくりエサを打ちますが、30分経っても魚が何も出て来ません。エサ盗り1匹何も出てこない。見回りの時間までやってみましたが、一度もエサも盗られず瀬替わりを決断。「白子島」へ移りました。

ここは、先程とは一変しエサ盗り天国。コッパグロ、キタマクラ、カワハギ、バリ等々。賑やかな海に息子もテンション上げ上げ!息子に足下にエサ盗りをしっかり寄せて、沖目15m付近を狙うように指導してみると、早速アタリ!30cm程のオナガに「うぉー引く!!」と満面の笑み。その顔を見るだけで、連れて来て良かったなぁーと安心します。

ポツポツ同サイズの口太、オナガを釣りながら更なるサイズアップを狙い足下を狙います。キザクラ社の道糸「インプラス」はマーキング入りなので視認性抜群、水切りも良いのでラインメンディングもしやすい。セミサスペンドラインとなっているので遠投釣り、流し釣りなんかは本当重宝しますよ!

さらなる良型を目指し、ウキを「Dフラッツ/01」にチェンジし、ハリスも2ヒロに変更。浅いタナに食い上がってるのではないかとタイミングを計りながら静かに投入。すると、仕掛けが馴染んだ頃にウキがゆっくりと消し込まれます。アワセると「ドン」と強烈な手応え。制覇が綺麗な弧を描きバットまで曲がります!何度も何度突っ込まれますが「BITURBOブレーキ」で素早く強く止め浮かせて来ます。

「デ、デカい!」
久しぶりデカい口太に興奮しながらタモ入れ!やりました!45cm!間近で見た息子も大興奮で俺も釣りたいと大騒ぎ!
僕の仕掛けをそのまま渡して同様に攻めてみると、同様のアタリ!
「合わせろー!」
ドン!
「ギャー、うぉー、デケェー」とパニックの息子ですが、立てるだけで浮かしてくれる制覇の凄さ、軽く握るだけで止まるブレーキ、何なく44cmの口太を取り込みました!

何度も岩に擦れてましたが「ハリストMG」は強いですね。ボロボロになってましたが、切れません!そんなこんなで楽しい時間は過ぎるのが早い。磯を綺麗に洗い流して16時回収です。この日1日、活性も高くタナも2〜3ピロ程で楽しい釣り納めとなりました。また、行きたいと息子もハマったようです(笑)。本誌、発売の頃には水温も安定して丸々としたクロがバンバン釣れていると思います。

今年もクロ、チヌ釣りと釣行記をお届けして行きますので宜しくお願い致します!

クラブキザクラ大分/原田直人・記

筆者のタックル

つり太郎WEB内を検索

バーコード