TOP ≫ 波止TOP ≫ 釣行記事

釣り場 : 大分県

Writer : 編集部

Residence : 大分市

Club :

Pride :

いつまで続く三佐のアジとチヌ

2020年 1月 11日 11時頃

1月11日、大潮。1月に入り、寒暖の差が厳しくなり、私達シニアには体調管理が難しい今日この頃である。そんな中、近場で足場が良くて車が横着けでき、冬の季節風には強くて釣り易い、それでいてまずまずの釣果が期待できる三佐へ向かった。3〜4時間の短時間勝負で、久しぶりに妻と二人で14時頃に出掛けてみた。

到着してみると、三連休の初日とあって、3名ほどの釣り人が竿を振っていた。私達は左側の空いた所に釣り座を構えて、早速持ってきた沖アミ生1角に、マルキユーの集魚剤「チヌパワーVSP」と「グレパワーV9徳用」を混ぜ合わせたマキエを仕上げる。15m先のポイントに10パイ程打ってから、仕掛け作り。

ウキは逆風でも良く飛ぶ釣研「波止スティック/1号」に、「ジョイナープレミアム/1号」を2ヒロとり、遠投してもエサズレしないオーナーばり「沖アミチヌWケン付き/2号」を結ぶ。風の方は横風が少し吹いており、潮は干潮前である。まずはタナ取りをして、底から30cm以内に設定し、「くわせオキアミSP/M」から釣り開始。15m先に遠投し、マキエを3〜4ハイ打って、左流れの潮に乗せて流していたら、ウキが「スー」と消えた!「来た!」と大アワセすると、グーンと竿を大きく曲げて、グーグーと小気味良い引きをして、28cmの良型アジが上がる。幸先良い出足と喜んでいると、妻も「来ました!」と大きく竿を曲げて同型のアジをゲットし、ここのアジは良く引くと感心していた。そういえば、日中に釣れるアジは、良型アジが釣れると常連の方が言っていた。

対岸を見ると、いつの間にか10名ほどの釣り人が竿を振っていた。この日はどうしたことか、散発ではあるが、25〜28cm級のアジが16時まで釣れて夕まずめに突入し、同じポイントを攻めていると、「ジワー」とゆっくりと沈むアタリ! 大アワセすると、グーンと竿を曲げてジージーと道糸が出ていく。しばらくのヤリトリで「ゴボー」と浮いたのは、良型チヌで妻が一発でタモ入れ成功。メジャーを当ててみると、47cmの丸々と太ったチヌであった。

その後、またもアジがアタリ出し、ツケエをLサイズへと大きくすると、「スー」とウキを消し込み道糸が走るまで待つと、グーグーと引き味抜群!ハリの喉まで入っている食い込みの良さである。17時頃、またもゆっくりと沈むアタリがあり、大アワセすると重々しい引きをして、42cmのチヌが上がった。17時半の夕まずめまで釣り続けて、その間25cm前後のアジを釣った。例年であれば12月位で終わる家島・三佐のアジは、1ヶ月遅れのスタートから自然のイタズラで釣れる魚も変わって来たなと思いつつ、これがいつまで続くのかと感じながら納竿。クーラーは満タンで、釣り場を清掃して終了した。

釣果の方は、23〜28cm級のアジを52匹に、チヌが2枚で満足している所である。ここでの教訓は、①に正確なタナ取り(底から30cm以内)②にツケエはLサイズの大きなもの③に風が吹いても正確に飛ぶウキまだまだ他にも色々あるが、この3点に気を付ければ、ここでのアジ・チヌは釣れると思う。

MFG九州/仲國勝・記

筆者のタックル

つり太郎WEB内を検索

バーコード