TOP ≫ 筏/川/ルアーTOP ≫ 釣行記事

釣り場 : 大分県

Writer : 編集部

Residence : 大分市

Club :

Pride :

2020年、初釣りもメバリングへ!

2020年 1月 26日 19時頃

1月26日、大潮。新年あけましておめでとうございます。本年もよろしくお願いいたします。今号が私の2020年第1回目の記事となりますので、大分遅いですが、新年のご挨拶をさせて頂きました。

さて、私はなんだかんだ忙しかったのと天候不良、体調不良等で初釣りに行けてない状況でした。2020年のスタートの初釣りは、どこで何を釣ろうかな。2019年の釣納めは、ホーム国東半島でメバリングでした。やはり、私の釣りは国東半島で始まり、国東半島で納める。と言うことで、新年第一発目は、ホーム国東半島にメバリングに行くことにしました。釣れるかな?

今日は、風が強い予報です。もしかしたら、波も高いかも。とりあえず湾内と外海の両方を攻めれるポイントへ行ってみます。タックルは、波風が強い外海と静かなポイントの湾内の両方を攻めれるようにしています。波風が強い場合は、スプリットシンカーを使用してしっかり飛ばして沈めます。逆に静かな湾内ポイントを攻める場合は、2020 年、初釣りもメバリングへ!スプリットシンカーを外して、からまん棒を使用します。からまん棒を使用することにより、ジグヘッド単体と同じ感覚で使用できます。本当は、スプリットシンカー用のタックルとジグヘッド単体のタックルの2本セットを持って行けば良いんですがね。2本タックルを持って行くのは、面倒くさいってのが本音です(笑)。ジグヘッドは、メバリングではこれしか使わないと言っても過言ではない「メバル弾丸」です。安い、釣れる、どこの釣具屋にも売っている。ただ、細ジグなので大物(チヌ、セイゴ等)が掛かると折れたり、曲がったりします。でも、私的には大好きな「メバル弾丸」。それでは、張り切ってレッツフィッシング!!

①外海と湾内の両方攻めれるポイント
【湾内側】ちょっと風が強いので、湾内をからまん棒リグで攻めてみることにします。湾内は、風が少し強いくらいで波は程々にあります。キャスト→着水→任意カウントダウン→リトリーブでプルッと反応が。何かいる事は、確認できました。

再びキャストすると反応はありますが釣れません。う〜ん、久しく釣りに行ってなかったから腕が鈍ったのかな。諦めずキャストし続けると、ヒットです。しかし、引きが物凄く弱いです。そして、釣れたのは金魚メバルでした。こいつが先程から突っついていたんですね。その後もキャストしてみますが、似たような感じのバイトばっかりなので、外海側を攻めてみることにします。

【外海側】外海側は、結構風が強いです。テトラの上に立ってキャストすると、風を真正面から受けて怖いです。風が強いのと波が高いので、からまん棒からスプリットシンカーに付け替えてキャストしてみます。キャスト→着水→任意カウントダウン→ドリフト→リトリーブでプルッと反応がありヒットです。先程の湾内ポイントの金魚メバルより強い引きです。まあ、25cmオーバーの強い引きじゃないですがね。釣れたのは、20cm弱のメバルでした。20cm弱のメバルではありましたが、引きが強く柔らかいソリッドロッドが弧を描いて曲がりましたよ。

金魚メバルでも釣れたら楽しいですが、これくらい引いてくれたらより一層楽しいです。2020年初メバルと言うことで、ちょっとお持ち帰りとします。私的には、メバルの煮付けが食べたいってのも正直なところです。

さあ、2匹目のドジョウならぬ2匹目のメバルを狙って再びキャストしてみます。キャストからのリトリーブでバイトはあるのですが、風にラインが煽られてなかなかヒットまでいきません。それでも、飽きない程度には、釣れてくれるので楽しいです。そして、何投目かに良い感じに引いてくれてるアタリがありました。メバル等の根魚独特の下に引く感じではなく、横に走る感じです。近くまで引き寄せたときに銀色の魚体が見えました。我が宿敵のアイツ(セイゴ)かなっと思って釣り上げたら、ゼンゴでした。この時期に国東半島でゼンゴが釣れるとは珍しいです。だいたい遅くとも12月いっぱいで釣れなくなるんですがね。

その後、ゼンゴは釣れなかったので、たまたま釣れただけかもしれません。そして、波がテトラに激しく打寄せ波飛沫が掛かるようになったのでランガン。

②外海と湾内の両方攻めれるポイント・パート2
【湾内】先程と似た感じのポイントです。とりあえず、湾内からキャストしてみます。キャストしてリトリーブからプルッと来て金魚です。湾内には、安定して金魚がいるみたいです。早々に諦め外海にキャストしてみます。

【外海】だいぶ風が強くなってきました。風の影響か流れもいつも以上に速い気がします。キャスト→任意カウントダウン→ドリフト中にプルッっと来てヒットです。こいつも良い感じに引いてくれて楽しいです。サイズは、アベレージの20cm弱位です。再び同じポイントにキャストしてドリフトからの根掛りでリーダーから切れた所で、雨がザーっと振り出したので納竿です。

○釣り場…国東半島
○釣果…メバル 数匹セイゴ 数匹
○感想…波風が強い時は、スプリットリグが良い仕事してくれます。状況に合わせてジグヘッド単体だけじゃなくスプリットリグ、フロートリグ、キャロ等で釣るのも面白いです。皆さんも暖かい格好して色んなリグでメバリングを楽しみませんか。

筆者のタックル

つり太郎WEB内を検索

バーコード