TOP ≫ 磯TOP ≫ 釣行記事

釣り場 : 大分県

Writer : 編集部

Residence : 大分市

Club :

Pride :

今年の寒グロは浅ダナも意識しろ!!

2020年 2月 9日 8時頃

2月9日、大潮。暖冬の中でも寒さが厳しくなり始めたこの日、米水津の磯にシーズン真っ盛りのクロを狙って単独釣行してきました。この日もいつもお世話になる「功明丸」さんの4時半便に乗り込み、「風裏希望です!」とだけ伝え、瀬着けしてもらったのは、「マサカリ」の裏でした。

まずは明るくなるまでに準備を済ませます。今回のマキエは沖アミ生3角にマルキユーの「グレパワーV9特用」、「遠投フカセTR」、「グレパン」の浅ダナを意識した配合です。なぜ、この時期に浅ダナを意識した配合かというと、今シーズンの米水津では1ヒロ半〜3ピロのタナでアタって来る事が多いためです。また、ツケエが盗られなかったとしても、後打ちでパラパラとマキエを打ちながら、浅ダナで待っていると、アタる事が多くあります。

仕掛けは、がまかつ「インテッサG5/1ー50」に、道糸はサンライン「磯スペシャル・オシャレ/1・5号」、ハリスも同社の「トルネード松田スペシャルブラックストリーム/1・5号」を使用し、ハリはがまかつ「ファイングレ/5号」をセットします。強風に道糸を取られない様に10mのハリスの中に釣研「エキスパートグレUE/0号」を通し、からまん棒からハリまでを2ヒロで開始します。

辺りが明るくなり、雨がポツポツと降る中、釣り開始。まずは、足元から15m付近を重点的に狙います。しかし、予想とは異なり大量のエサ盗りに囲まれて、ツケエが残りません。この磯は遠投しても所々に瀬があり、そこからエサ盗りが出て来るため、これを避わす事が容易では無いのです。そこで、20mほど先の瀬の先端をかすめる潮を直接狙います。2ヒロのタナのまま3分ほど流していると、道糸が気持ち良く弾け飛びます! すかさずアワセを入れ、心地良い引きを楽しみながらタモに収まったのは、まん丸と太った30cmオーバーのクロです!

すぐに次を狙いますが、連続して同じポイントを狙うとアタりません。沖にもかなりのエサ盗りが居る様で、本命のポイントを潰さないためにも、少し休ませながら釣って行きます。ポイントを3ヶ所ほど作り、本命ポイントには3〜4投に1回だけ狙うと、コンスタントにクロが食ってきます。途中、潮が止まると15cm程のバリ子やブダイ、カワハギに囲まれて苦戦しましたが、再び潮が動き出すとクロがアタり始めます。

昼を過ぎて、そろそろサイズアップをしたいと考えていた頃、足元に型の良さそうなクロが見え始めます。エサ盗りの動きを見ながら手前を狙うと、わずかにウキを抑えるアタリです! アワセを入れると、今日1番の重量感に襲われます。瀬に当たらない様にゆっくりとヤリトリを楽しみタモに収まったのは、良く肥えた38cmのクロでした! その後も30cm後半までの数釣りを楽しみ、納竿となりました。

帰ってクロを捌いてみると、まだまだ身に脂が乗っていて、真子や白子が入っている個体がほとんどでした。もうしばらくはクロ釣りシーズンが続くのではないかと予想されます。

今シーズンの米水津では、やはり浅ダナでのアタリが多い様です。ツケエが盗られないからと沈めて行くと、他魚のアタリが増え、クロに出会う確率が下がるかもしれません。「この時期に浅ダナ?」と思うかもしれませんが、色々と試してみるのも釣果を伸ばすコツです。皆さんも色々な釣り方を試して、価値ある1尾を狙ってみてはいかがでしょうか!

釣研FG東九州支部/藤本祐一郎・記

筆者のタックル

つり太郎WEB内を検索

バーコード