TOP ≫ 筏/川/ルアーTOP ≫ 釣行記事

釣り場 : 大分県

Writer : 編集部

Residence : 大分市

Club :

Pride :

プラッキング・アジング!

2020年 2月 11日 20時頃

皆さんこんにちは。今回は、プラグ(プラスチック素材などで作られた小魚に似せたルアー)でのナイトアジング、いわゆるプラッキングについて楽しめた釣行があったので、それをご紹介したいと思います。

「プラグでアジ?」と思うかも知れません。確かにアジは主にプランクトン、中でもアミと呼ばれるプランクトンをよく食べていることが多いのですが、実はイワシやキビナゴなどのベイトを捕食することもあります。ベイトを捕食している時には、特にこの「プラグ」が有効な時があります。私がこの釣行で使用したのは、プラグの中でも「シンキングペンシル(略してシンペン)」というものです。

どちらかと言えば、ワームはプランクトンをイミテートし、プラグはベイトをイミテートして作られた物です。なので、ベイトを捕食してる時は、よりルアーに食い付かせやすい擬似餌、つまり今回の場合はプラグの方がアジを騙せやすいのです。

それでは実際の釣行を紹介します。今回のポイントですが、常夜灯下の海を見ると、中層くらいに常夜灯の光が魚体に反射してキラキラしていたり、ベイトが群れになって回遊しているのが見えました。そのベイト達を追い回している魚(フィッシュイーター)が、ライズしています。ライズから見たところ、どうやらアジやメバルのようです。そこでシンペンをキャストします。

初めはライズしているところより、少し先へキャストして、着水後にすぐリトリーブします。すると、ハンドルを3回転したところで、分かりやすく「ゴツゴツ、ゴンゴン」と、魚がバイトしてきました。このバイトで非常に活性が高いことが分かります。しかし、なかなかハリ掛かりさせることができません。そこで、1度ピックアップして再度キャストします。

「リトリーブさせる速度が少し速かったかな?」と考え、今度はリトリーブの速度を先ほどより遅め(スローリトリーブ)にします。これが功を奏し、即ヒット! 今度はハリ掛かりさせることができました。上がって来たのは目測で20cm位の中アジでした。サイズの割には良く引いてくれたので楽しめます。写真撮影をし、再度キャストして狙っていきます。

そして次もすぐにヒット! 入れ食い状態になります。ここからパターンがハマり、バタバタと10匹ほど釣れました。アジは釣り上げてしまうとすぐに弱ってしまうため、左ページの釣果写真は持ち帰りしたものだけを撮りました。しかし、入れ食い状態だった時合いが過ぎると、突然パタっと釣れなくなりました。そこで、同じ湾内のすぐ隣の堤防で狙っていきます。1投目から、すぐに反応がありました。ドラグが「ジィージィー」っと鳴り響き、魚も逃げようと右往左往します。これをロッドコントロールでうまくなだめて、上がって来たのは27cmの良型アジでした。流石にこのクラスになると、とても引いて楽しめます。

その後もバイトして来ましたが、ハリ掛かりするまでは至らず、次の日も仕事なので、早めに帰宅することにしました。プラグでアジを釣るのは、正直「難しいじゃない?」と、思われる方といるかと思いますが、パターンにハマればとても簡単に釣ることができて、むしろワームより釣れることがあります。ベイトのいる層までシンペンを落とし、後はリトリーブ速度を合わせてあげれば、投げて巻くだけで釣れます。また、ジグヘッドリグで釣るより、プラグで釣った方がアベレージサイズが良くなる傾向にあります。つまり、プランクトンを捕食しているアジに比べ、ベイト付きのアジは引きが楽しめるという事にもなるのです。今までプラグでアジを釣ったことがない人も、1度試して貰えれば、今までとは違う新たな引き出しが増えて楽しめるのではないでしょうか?

ちなみに、持って帰ったアジを捌くと胃袋の中から、ベイトが出てきました。見た感じカタクチイワシだと思いますが、シンペンと並べてみるとまさにマッチザベイトでした。捌いて胃袋の中を見て、魚がどんなものを食べていたのかを知ると、次回の釣行以降でさらに釣果に結びつくヒントも得られるかと思います。やはり釣りは日々「観察」と「実行」が重要ですね。

戸河光太・記

筆者のタックル

つり太郎WEB内を検索

バーコード