TOP ≫ 波止TOP ≫ 釣行記事

釣り場 : 大分県

Writer : 編集部

Residence : 大分市

Club :

Pride :

30cmの大アジを求めてフカセアジ釣り

2020年 3月 3日 0時頃

先日、30cmを超えるサイズのアジをお裾分けして頂きました。堤防から釣れたというそのアジは、その日のうちにお刺し身と塩焼きで食べましたが、驚くほど脂が乗っていて美味しかったです。次回、釣りに行くなら絶対このアジ狙いだと決め、計画を立てましたが、まだまだ釣れているとの情報から、少し日数が空いての釣行となってしまいました。

大きなアジが乗っ込みで接岸してくるのは春先。水深のあるポイントでのフカセ釣りで狙いますが、アタリは小さく食い込みも悪いという難しいイメージです。

釣り場に到着すると、朝から竿を出していた宇都宮さんと春山さんが、ちょうど竿を曲げていました。上がって来たのは、30cmクラスの大アジ!クーラーを見せてもらうと、大アジの釣果は10匹程。期待が膨らみますが、打って変わって渋い表情のお二人。1週間前とは違い、だいぶアタリが減ったとのことでした。

入れ替わる形でポイントを譲ってもらい、夕まずめから夜釣りで狙います。3号の棒ウキで一気に底付近のタナまで馴染ませ、ツケエを安定させる。個人的には対乗っ込みアジの定番仕掛けでしたが、先行者の2人は軽い仕掛けの全遊動と聞いて少し不安になりました。深いタナを軽い仕掛けの全遊動で釣るのは苦手中の苦手。アタリを取るのが難しく、夜になってラインが見えなければさらに難易度が上がります。

さらに言うと、この日は大雨(笑)で、竿のメンテなどしてるはずもなく、適度なライン放出などできるはずありません。しかし、アタリが渋ければ渋いほど、軽い仕掛けの全遊動の方が食い込みのイメージは断然良いし、タナがブレるのであれば、なおさら全遊動にメリットがあります。悩みましたが、こまめにタナを調整することにして、まずは3号棒ウキの半遊動でスタートしてみることにしました。

水深を計ると竿3本と深く、狙うタナは竿1本半からベタ底の3本までの間を調整しながら釣りますが、厄介だったのがゼンゴのアタリ。深くしても浅くしてもゼンゴが元気良く、タナが全く定まりません。ちなみにこの日の夜、私たちの隣で竿を出していた大アジ狙いの釣り人はベテラン工藤さんと小林さん。お二人とも以前の釣行で釣果を上げていますが、この日はやはり厳しい雰囲気です。

大アジを夢見て午前1時まで粘りましたが、残念ながら釣果はなく納竿としました。久しぶりに雨の中での辛い釣り。リベンジに行きたいとは思いますが、寒い雨の日の釣りはトラウマになりそうです(笑)。

筆者のタックル

つり太郎WEB内を検索

バーコード