TOP ≫ 波止TOP ≫ 釣行記事

釣り場 : 大分県

Writer : 編集部

Residence : 大分市

Club :

Pride :

もりたろうの大分近郊釣行記

2020年 2月 8日 14時頃

暖冬とは言え、さすがに2月ともなれば、大分市近郊の海水温は冷えっ冷えです。釣り物が少ない厳しい季節ですが、ここ数年、この時季に挑戦している、「波止のモンスター」ことカンダイを狙って釣行しましたので、報告します。

2月8日、大潮。この日は、仲間内のカンダイ釣り大会!総勢4人でモンスター退治に挑みます。釣り場はホームグラウンドの佐賀関です。朝8時前に釣り場に到着。この日の満潮は8時30分ですので、急いで準備に取り掛かります。カンダイ釣りのキモは、1にも2にもマキエです。マキエをバンバン打って、しっかりカンダイを寄せておくことで、釣れる可能性が高まります。ということで、準備はマキエ作りからスタート!今回は短時間勝負ですので、沖アミ生1角に、チヌ用集魚剤1袋でOKです。マキエが出来たら波止と並行に左右へマキエを遠投し、徐々にマキエを打つ距離を狭めていきます。魚を遠くから自分の近くに寄せてくるようなイメージで打てば、バッチリです。

マキエを打ちながら、次は仕掛け作りに取り掛かります。カンダイの強力なパワーに対抗できるよう、磯竿3号、道糸8号に、ハリスは7号を使用。ウキは糸落ちを重視して、出来るだけ穴の径が大きいものを使用します。今回はエサ盗りが多そうなので、5Bウキを選択。ハリ上1mにガン玉を打ち、エサ盗りに盗られる前に、早めにツケエを沈めます。最後にタナを底ダナに設定して、仕掛け作りは完了です。

さて、準備が整い、いよいよモンスター退治スタートです!ツケエは、バナメイエビと、殻付きのカキ、アサリの3種類を準備。まずは、僕の中で実績ナンバー1のバナメイエビを試します。マキエを数ハイ打ち込み、ある程度マキエが沈むのを待って、仕掛けを投入します。カンダイは、岸壁についていることが多いので、本来は際から1m以内のド足元を狙うのがセオリーなのですが、今回の釣り場は捨て石がスロープ状に入っているため、捨て石の切れる10m先を重点的に狙います。

上ダナには、エサ盗りのオヤビッチャやフグが群がっていますが、ハリ上に打ったガン玉のおかげで、ツケエはエサ盗りを避わし、無事狙いのタナへ。すると、仕掛けが馴染んだ瞬間にアタリ!釣り開始前に、しっかりとマキエを打っているため、1投目からカンダイが掛かることも少なくありません。ドキドキしながらアワセると、なかなかの引き!しかし、これは軽い…。釣れたのは30cm級のビッグなフグ(汗)。このサイズのフグが群れているようで、友人たちにも次々と同サイズのフグが掛かります。さらにはプチサイズのホゴが掛かり始めました。すると、いち早く、ツケエをカキに変えた友人の竿がぶち曲がります!しかし、すぐに根に入られラインブレイク…。

これを見て、僕もツケエを替えようかと思いましたが、なんとなく直感でバナメイエビを続行!ガン玉をハリ上50cmにズラし、さらに底ダナをピンポイントで攻めます。すると、ウキが一気に海中に引きずり込まれました!アワセると、明らかにフグやホゴとは違う強い引き!グイグイと底に突っ込みます。これは間違いなくカンダイだ!ラインの強さにものを言わせ、強引に浮かせます。釣れたのは40cm級のお子様カンダイでした。まだ、トレードマークであるコブも顎も出ていない、「モンスター」とは程遠いかわいらしいフェイス。まぁ、本命が釣れてひと安心ですが、さすがにこのサイズでは満足できません!サイズアップを目指します。

すると、目視できる位置に巨大モンスターが姿を現しました!モンスターはマキエを追っているのか、ただフラフラしているのかよく分からない動きをしていましたが、急に僕のウキの下に向けて潜航を開始!そして、一気にラインごと持って行かれる激しいアタリが来ました!アワセると、いつものフカセ釣りではまず味わえない、尋常じゃない重量感!これぞモンスター!カンダイとのヤリトリは最初が肝心です。まず根に入ろうとするカンダイを引き剥がすことが出来れば、勝利の可能性はグッとアップします。魚が底に突っ込もうとするのを堪え、竿尻を腹に当てて力いっぱい引っ張ります。底を切った!これはいける!と思った矢先、今度は横走りを始めるモンスター!重心を低くして必死に耐えますが、捨て石にラインが擦れ、超無念のラインブレイク(涙)。手前に入っている粗い捨て石が、ヤリトリの難易度を上げています…。モンスターが暴れ回った影響か、カンダイのアタリは遠退いてしまいました。そんな中でもフグはよく釣れます(笑)。

「今回は、あのバラシで終了か〜」なんて考えていましたが、バラシから30分後、さっきと同様の激しいアタリが!アワセと共に伝わるパワー&ウェイト!突如としてやって来た2度目のチャンス!これは、絶対獲りたい!今度も無事、底を切ることに成功!すると、魚が左へ走り出します。強烈なパワー!ガチガチのドラグから、ジリジリとラインが出ていきます。下手にラインを出すと、さっきのバラシの二の舞となってしまうので、僕も魚の動きに合わせて、波止を疾走!出来るだけ魚との距離を縮めていきます。お次は右へ!魚の動きにしっかり付いていきます。そして、ついにモンスターが浮いてきました!

準備したタモに入らず焦りましたが、隣で釣りをしていた方から大物用のタモをお借りし、何とかネットイン!やっと会えました、めちゃくちゃ久しぶりのモンスター!サイズは78・5cmで、コブと顎がいかつい丸々と太った良い魚体です。そこに居合わせた人、みんなで盛り上がることが出来て、最高に嬉しい1枚でした!これで、僕はもうお腹いっぱい!納竿としました。

友人らは、このあと1時間ほど釣り、カンダイらしきアタリは2回あったものの、残念ながら釣り上げることは出来ませんでした。ちなみに、最初に釣った40cmのカンダイは、刺身とフライにして食べました。クセのない淡泊な味で、とても美味しかったです。デカいのは釣って嬉しく、小さいのは食べて美味しい。カンダイ釣り、おススメです!

HN/もりたろう・記

筆者のタックル

つり太郎WEB内を検索

バーコード