TOP ≫ 船TOP ≫ 釣行記事

釣り場 : 大分県

Writer : 編集部

Residence : 大分市

Club :

Pride :

別府湾でジギング

2020年 5月 6日 10時頃

コロナの影響で,豊後荒磯クラブの釣り大会も延期となりました。そのようなわけで連休の間、夜メバル釣りに「桐丸」で出かけたりしました。でもやはりドラグの出るような引きを楽しみたいと思い、桐丸の長男に「アスカ丸」の船長(藤さん)に時間設定を依頼!「5月6日ならばOK」との返事をもらい早速準備です!

満潮前後潮を避けるとのことで、朝の5時出港か7時出港かを、決めるように言われましたが、ヤル気満々のつりまさは、5時と決めてしまいました。当日は、桐丸長男を迎えに行って、10分前に日出町の港に到着。やっと夜明けを迎え、電気はいらず、すぐに準備して出港です。船長は、昨日釣れたというポイントへ連れて行ってくれます。前回の初めてのタイラバの時もそうですが、後藤船長が二人分の道具一式を貸してくれます。次の時は、なるべく自分で仕掛けをセットして行きたいと思っています。

1投目、カッコ良くいうとテンションフォールですが、ジグに抵抗を掛けて落としていくと、いきなりアタリました。ドラグを緩めていたので、ジー・ジーと音がして、ラインが出ていきます。適当に、ドラグを締め上げてヤズを引き寄せます。小さいながらもパワーがあります。久しぶりに魚の引きを楽しみました!結構速巻で、桐丸長男もジグで初めてのヤズを釣り上げます。

後藤船長、魚探を駆使してベイトやヤズの居そうな、場所を探して回ります。サメの様な背ビレを出して泳ぐ魚が居ました。正体を見たくて近付きましたが潜って逃げてしまいました。

少し、ジグの巻き方に変化をつけて誘うと、アタリがあります。ヤズだろうと思い巻き上げると、綺麗なアイシャドーのマダイでした。たまに釣れるそうです。

その後潮が替わると、アタリが出なくなり、魚探で探して回りジグをキャストし続けても、ヒットしなくなりました。それでも十分魚の引きを楽しみましたので、昼あがりとなりました。

九州磯釣連盟大分県支部・豊後荒磯クラブ/つりまさ・記

筆者のタックル

つり太郎WEB内を検索

バーコード