TOP ≫ 筏/川/ルアーTOP ≫ 釣行記事

釣り場 : 福岡県

Writer : 編集部

Residence : 大分市

Club :

Pride :

テナガエビを始めてみようと思う

2020年 7月 6日 0時頃

7月に入りました。6月下旬の大雨により、アユ釣りの方は、なかなか良い釣果が聞かれません。ほとんど釣りになる水位ではありません。危険を伴うようです。筆者も例年の竿出しポイントを見て回っていますが、まだハミ跡もあまり見えない状態。アユすら見えません。今しばらくは様子を見て、姿が確認できれば釣行してみたいと思います。

ということで、慣れに慣れたチヌ釣りで頑張ってみます。長年にわたり釣行データを残していますので、再度確認してみました。潮回り、満潮、干潮の時間などを考慮して、私的に一番確実な釣果が得られる可能性が高いポイントを決定。いくつかの候補のうち、大分市内の西日本電線工場裏の波止に釣行してみました。

到着すると、足元に数匹の良型が見えます。満潮前でケーソンに付いているカキを狙っているようです。チヌが居るという確信ができましたので、早速準備に取り掛かりました。狙いは満潮前後で、いつも通りにダンゴを製作。まずは5個ほど挨拶代わりに投入します。すべていつも通りで、潮の動きは全く無し。まずは底トントンのタナで釣り始めます。特にエサ盗りもいないようです。

30分経過、全くアタリ無し。すると、港内入口からゴミが入ってきました。潮も入って来ているようです。ラインが左にとられ「表面だけか?」と様子を見ていると、全体に流れ込んでいるようです。この状態の時は釣りになりません。しばし待ちます。過去数回来ていますのでしばらくすると潮は止まると予想しています。

ちょっと時間が経ち、案の定止まりました。再度投入開始です。潮位が10cm程度上がっています。タナを深くして再投入すると、早々にダンゴを突いているアタリが出てきました。いつも通りならツケエが出た時点で咥えるはずです。棒ウキのトップが少し浮きました。その後、すぐに3cmぐらい入って止まっています。これが咥えたアタリです。そのまま待ち、いよいよ入り始めました。ここがアワセのタイミング!口の中に必ずハリが入っています。軽く竿を起こすと、グーと掛かりました!

最初の走りが始まり、レバーブレーキを開放です。沖目に走り、底に向かいます。数回のレバーブレーキを開放して走りが止まりました。ここからは竿の弾力をいかして、ゆっくりと浮かせていきます。右や左に走っており、段々と浮いて来ています。やっとウキ止めが見えたので、まだかなり底に近いところ。

竿も満月状態で、時々グイっと首を振ります。手首で対応し、いよいよウキがチラホラ見えてきました。あと1ヒロ程度。グゥゥゥゥと竿を起こすと、いよいよ見えました!今度は足元に突っ込んできます!満潮のため足元のオーバーハングに逃げようと最後の力を発揮しています。筆者も竿先を下げ、何とか力比べに耐えています。スーと軽くなり始めました。どうやら力比べに勝ったようです。水面ギリギリで動いています。ここでもう一度竿を起こすと、口が出て空気を吸いました。確実に40cmオーバーです。色も黒いので長い期間この港内で生きてきたのでしょう。

あとは空気を吸わせれば私の勝ち。最後のパワーで逃げようとしていますが、さすがに疲れているようで、いよいよ口が海面に出ました。その瞬間から暴れなくなりました。普段通りに軽くタモ入れ完了すると、結構重い。いつもの手順で身体測定。46cmと堂々たる黒々としたチヌです。ちなみに体重を計ると1・5㎏でした。その後はアタリもなく時間が経過。このポイントは、いつも一発大物ということが多いです。2時間半の竿出しで納竿しました。

数日後、会社の同僚から「テナガエビ釣りも面白い」との情報が入りました。早速ポイントを尋ねると、有明海の干満が影響する筑後川の下流域、久留米市です。今回はまだ竿・仕掛けも揃っていないため、とりあえず下見ということで現地に行ってみました。到着すると幸いにも干潮一人の方が竿出ししています。挨拶をかわして状況を聞くと、すでに20匹程度の釣果です。

全く見たことのない釣りですので、まずはじっと見ていると、ツケエはゴカイです。それもかなり小さく付けています。投入したら、すぐさまウキに反応が出ました。わずか10秒ぐらい。濁った汽水域です。水がきれいならうようよ居る様子が見えるでしょう。玉ウキが沈まず、横に走っています。ですが、釣り師はアワセません。ここがこの釣りの面白さ。いつ抜き上げるかが、大事な判断のようです。

抜き上げを3回見せてもらいましたが、そのうち1回が口に咥えていた状態。他は途中でバラシです。多分ツケエを掴まえていただけだったようです。これはまた面白い釣りです。口にツケエが入ったタイミングがなかなか難しいようで、食いが良い時は案外簡単に釣れるそうです。今回は30分程度の下見でしたが、興味ある釣りです。

早々に地元に帰り、超安価なノベ竿(750円)を購入。仕掛けは見たところハエ釣り仕掛けで十分なようです。ハリは秋田キツネの4号を選択。ツケエは細ミミズを購入しました。自宅からバイクで1・5時間、車でも同じくらいかかります。ツーリングを兼ねてチョイ竿出しで、活きの良いテナガエビをゲットしようと思っています。今回は釣り師のご厚意により、数匹頂きました。帰って唐揚げにして美味しく頂きました。

日田市在住/令和の釣り道楽(三苫章)・記

筆者のタックル

つり太郎WEB内を検索

バーコード