TOP ≫ 波止TOP ≫ 釣行記事

釣り場 : 大分県

Writer : 編集部

Residence : 大分市

Club :

Pride :

初心者にオススメ!遠投カゴ釣り 大物確率UP!

2020年 7月 13日 15時頃

近年カゴ釣り人口が少ない傾向を感じる。釣れる仕掛けであることは間違いないのであるが、初心者から中級者へと釣りのレベルが上がってくるほどに、「あまり道具をいろいろ付けたくない」や、「遠投カゴ仕掛けをキャストするのに疲れる」といった声が増えてくる。だが、初心者には間違いなくオススメの仕掛けである! かなり釣りがわからないと、なかなか釣れないフカセ釣りよりは、あまり考えずに仕掛けが釣らせてくれる仕掛けだけに、釣れないと嘆くよりは、カゴ釣りを行ってみることをオススメしたい。そこで、「釣れない!」とぼやく初心者にカゴ釣りの基本を伝授したい。

●基本的な仕掛け…カゴ釣りとは、マキエを詰めたテンビンカゴをぶら下げる仕掛け。そのため、ある程度の負荷がかかるので、必然的に2〜4号クラスの竿が必要となる。カゴの大きさに合わせて、竿の号数が変わってくるわけだ。また、その負荷に対応できるように、リールとラインも自ずと大きくなる。特にリールは、大型魚が釣れる確率が高いだけに、最低でも150mは巻けるサイズのリールを用意したい。ダイワであれば、3000〜4000番クラス、シマノであれば、4000番クラスのリールとなる。またラインのオススメは、ナイロン系、PEラインの順番。本当は、PEラインを全面押ししたいところだが、ウキを取り付けるため、PEラインの最大の特徴である「アタリが取りやすい」部分が、あまり意味がなくなってしまう。また、ウキ止めも必要となり、PEラインにウキ止めを付けてもしっかりと止まってくれないといったデメリットもある。

ウキは、非自立式の棒ウキがおすすめ。ウキのトップに羽根が付いていると、飛行姿勢が安定して、より遠くへ飛ばすことができる。カゴはいろいろな号数のカゴが市販されているが、オモリが5〜8号クラスは欲しい。また、テンビンを取り付けることで、キャスト時や、海中で、仕掛けが絡まることを防いでくれる。また、中に入れるマキエのサイズに合わせた網目の大きさを選ぶこと。マキエにジャンボを使用する際と、沖アミを使用する際では、必然的に網目の大きさが変わってくる。

●カゴ釣りの基本…テンビンカゴの中には、マキエを詰めるのだが、できれば集魚剤と合わせた沖アミを入れて欲しい。ジャンボアミだと流し始めて、直ぐになくなってしまうため、何度も手返しを行わなくてはならない。また集魚剤を加えることで、より遠くの魚にもアピールすることが可能となる。

キャストする時は、仕掛け全体が長いので、背面からオーバースローでキャストする。必ず後ろに誰もいないことを確認し、障害物などに仕掛けが引っかからないようにしながら、キャストを行って欲しい。一番下のハリからウキ止めまでは、その釣り場にあったタナを取るようにする。今時期の坂ノ市一文字であれば、竿1本ほどのタナからスタートし、数投した後にツケエの有無を確認。ツケエがなければ若干タナを浅くする、逆にツケエが残っていれば、若干深くするといったことを繰り替えして、狙いのタナを絞っていく。

このカゴ釣り仕掛けで重要なのは、カゴに入れたマキエと、ツケエが海中で同調すること。ハリスの全長をできるだけ長くすることで、左図のようにメリットが増える。その分キャストが難しくなるので、徐々に慣らして、できるだけハリスを長く取って欲しい。

●カゴ釣りの対象魚…基本的にツケエとして使用する沖アミを食べる魚であれば何でも釣れるのが、カゴ釣りとなる。もちろん釣り場によって対象魚は変わってくるが、防波堤であれば、マダイ、チヌ、メバル、ホゴ、クロ、青物。磯で行えば、前記に加えてイサキ、ハマフエフキ、サバなど。季節によっていろいろな魚が釣れるのがカゴ釣りの最大のメリット!

逆を言えば、いろいろな魚が釣れすぎるため、特定の魚種だけを絞って釣ることが難しい。例えば、マダイだけを狙いたくても、仕掛けが勝手にいろいろな魚を集めてくるので、他の魚ばかり釣れるといった状況になってしまう。このあたりもベテラン釣り師が気にしてしまう所だが、初心者には大歓迎となるはずだ。

●カゴ釣りのコツ…釣り座に付いて、仕掛けを流す時に、一度足元でカゴ仕掛けを沈めて、マキエの流れる方向、速度などを確認して欲しい。マキエの流れる速度が速いとマキエとツケエの同調時間が短くなってしまうため、釣れる確率が低くなってしまう。このような場合はキャストできる最大の長さのハリスを取り付けたい。それでもアタリが出ない場合は、さらに、極小のガン玉をハリスの中央部に打つ。それでもダメなら更にガン玉を追加するなど、同調を意識した釣りを心がけたい。また、キャストして、仕掛けが海面に着水した時に、ハリスの長さ分だけ手前に仕掛けを引っ張ることで、ハリスが真っ直ぐに伸びた状態からスタートできる。この作業を行うだけで、釣れ具合も変わってくるので、必ず行って欲しい。

カゴ釣りは要領を掴むことができれば、自然と魚を集めてくれる仕掛けだけに、基本を押さえることが一番釣果に繋がりやすいはずだ。

筆者のタックル

つり太郎WEB内を検索

バーコード