TOP ≫ 磯TOP ≫ 釣行記事

釣り場 : 大分県

Writer : 編集部

Residence : 大分市

Club :

Pride :

沖吉島でフカセ釣りにチヌ(クロダイ)

2010年 5月 25日 11時頃

5月25日、中潮。先日、マルキュー・チヌ全国大会敗退のウップン晴らしに、岩田先輩とチヌ釣行する事にした。翌日仕事という事もあって、大分市内から比較的近く、この時期数釣りが楽しめる、四浦半島沖吉島へ釣行する事にした。

渡船は、いつもお世話になる正福丸の井上船長に連絡。刀自ヶ浦から朝5時に出港。この日は曇りで、雨が降るかも? という天候だが、まずはベタ凪であった。狙いは沖吉島のお気に入りの高場で、最大3名くらいまで竿出し可能である。つい10日前に釣友2名が2ケタ安打で爆釣であったようだ。丁度上げ止まり前で本命の右流れ状態。ヤリトリし易い高場本命に岩田先輩、中段から私でタモ入れサポート万全である。足元にマキエを入れると、キタマクラ、オセン等に数匹の良型カンダイが確認出来た。中間〜沖を攻めてみるが本命のアタリはなく、恐らくカワハギと思われるエサ盗りの反応のみ。

1時間ちょいして岩田先輩の竿が強烈に曲がる! 慎重に寄せたのはでっかいチヌ。慎重にタモ入れ成功。岩田先輩初の50オーバー、実寸52㎝強、約2・5㎏程の腹太チヌであった。来た甲斐あったと満足の岩田先輩♪ これから入れパク? と期待している最中、沖を攻めていた私のウキ釣研「GTシートス」が一気に消し込んだ。強烈な引きにマダイを予感。慎重に足元の藻場に注意して無事タモ入れできたのは、赤いロクマルサイズ(泣)。

しばらく時間が空いたものの、緩い潮・潮止まりの中、「GTシートス」
と「ヒゲピン」を使用した半遊動沈め(遊動3ヒロ)で45〜52㎝のチヌを4枚仕留める事ができた。又、チャリコ(マダイの子)が多い中、30〜40㎝の食べ頃サイズのマダイも追加。ハゲ(カワハギ、ウマヅラ)が多く、カワハギも4枚キープして満足♪ただ、例年この時期は30㎝オーバーのマアジが釣れるはずなのだが、今年はさっぱり釣れていない。

午後から西の風が強くなり、満足に釣りが出来ないため、早めに納竿して帰港。まだ、この辺のチヌは乗っ込み中で、しばらく楽しめそうである。又、今後は良型のアジも釣れ出すかも知れない…。

筆者のタックル

つり太郎WEB内を検索

バーコード