TOP ≫ 筏/川/ルアーTOP ≫ 釣行記事

釣り場 : 大分県

Writer : 編集部

Residence : 大分市

Club :

Pride :

しょごたんのルアーフィッシング SLJ

2020年 7月 27日 17時頃

こんにちは!しょごたんです!最近、いよいよ暑さ全開で夏本番っ!と言った感じですが、こんな時はこまめな水分補給と首や腕などなるべく日焼けをしないことが熱中症対策や疲れを残さないコツとなりますね!という事で、今回のコラムはですね、先日行ってきたスーパーライトジギングのロケのお話をしようかなと思います!

海の状況としては、流石に8月という事もあって水温が26度を超えて、ベイトが抜けていて厳しい状況でした。なので、船長がベイトを探し回ってくれます。ベイトがいるエリアではコンスタントに反応が!今回はジャッカルから登場する「フラッグトラップ」というSLJに対応したジグをメインにし、途中から秘密兵器の「ジグサビキ」も使ったりしました!水深が60〜80mという事で、フラッグトラップのウエイトは60〜80gの少し重めを使っていきました!

とりあえず、ジグ単体で探っていくと、まずはヒラマサが歓迎してくれました!流石にヒラマサのファイトは強烈で1発ブレイクされてしまいましたが、何とか複数本キャッチする事に成功しました!

そして、今回の釣行で非常に面白かったのがジグサビキの存在です!釣りをしてて潮が行かなくて全く反応が無い時間があったのですが、ジグサビキを投入したら何かと色んな魚種から反応があります!特大のアカヤガラや謎の赤い魚(笑)。そして、小アジが掛かった際にはそのまま泳がせてハマチがヒット!ジグサビキ…、中々あなどれませんね。

ジグサビキは、ワンピッチジャークをした後にしっかり止めの間を与えてあげるといいですよ!魚からの反応が無い時に投入してみると中々面白いかもしれませんね!ちなみに、今回使用したタックルはロッドがGSWS63SUL、リールがストラディックSW4000HG、ラインがPE1号&リーダー20lbのフロロです!このワンセットでヒラマサ〜様々な魚種に対応していて非常に便利なタックルです。秋から再び最盛期を迎えるSLJ、皆さんも是非っ!

しょごたんでした!

筆者のタックル

つり太郎WEB内を検索

バーコード