TOP ≫ 波止TOP ≫ 釣行記事

釣り場 : 大分県

Writer : 編集部

Residence : 大分市

Club :

Pride :

真夏の大分市内でチヌ釣り!

2020年 7月 25日 13時頃

7月25日、中潮。梅雨明けから同時に毎日毎日、暑い日が続いております。大分で言われているのは、盆明けくらいまでが猛暑日だとか(本誌が発売されている頃が丁度その時期になるので、暑さが和らいでいると良いのですが…)。熱中症にならない様に気を使い、安全釣行を楽しみましょう。

今回は私のホームでもあります大分市内で、夏チヌを狙ってきました。事前の知り合いの話では、エサ盗りは多いものの、チヌが釣れてるとのことです。水温が上昇すれば、当然エサ盗りとなる小魚の活性も上がって来ます。この時期の市内は、特にマキエを打てばアジ子が多い時期でもあります。その分、エサ盗りを避わしながら本命チヌまで辿り着くまでが楽しみでもあり、ゲーム性の高い魅力あるチヌ釣りとなります。

使用するマキエは、やはりエサ盗り対策が必須で、バランスを考えた物を釣具店にて調達します。今回は「エサ盗り対策」がテーマとなるので、粒子が大きい物を主体にし、細ムギや圧ぺんコーンをエサ盗りの層を通過するイメージで選びます。そんな中で私が作ったマキエは、沖アミ生、マルキユー「チヌパワームギスペシャル」、「チヌグルメ」をブレンドしたもの。ツケエはマルキユー「くわせオキアミスペシャル/L」、「荒食いブラウン」、「エサ持ちイエロー」としました。マキエを混ぜる作業だけで汗がびっしょりになるので、着替えのポロシャツやTシャツ(サンライン製)を、夏場は最低でも2枚は持参してます。

早速、目的のポイントに到着したので、マキエを入れます。足元に打ってみると、フグやアジ子が一気にマキエに群がります。狙いのポイントにもマキエを5〜6パイ程度入れた所で、仕掛けの準備。竿はがま磯の「ブラックトリガー」を使用しているので、ウエイトのあるウキを使用します。チヌ釣り時の竿は、しっかりと振り抜きたいという思いから、この「ブラックトリガー」を選んでいます。

また、最近愛用している使い勝手の良いサンライン「獅子タックルバック」から取り出したのは、釣研「黒鳳ST」です。このウキは自重が25gもあるので、エサ盗りラッシュの時は、遠投して避わすことが可能になります。道糸は絶対的に信頼しているサンライン「松田スペシャルブラックストリームマークX」、ハリスは同社の「トルネード松田スペシャルブラックストリーム」を使用。強度が高く、掛けた魚を逃しません! ハリは掛かり抜群のがまかつ「チヌR」を選択。

タナは浮いてくるチヌをイメージし、3ピロでスタートします。事前にマキエを入れたポイントに仕掛けを入れます。この日は前日からの大雨のせいで、海面には大きめの流木や小枝、枯葉が浮いてます。仕掛けを入れる際や、道糸を置く位置を海面に浮いた小枝等が絡まないないように注意します。すると、早速ウキが勢いよく入り、アワセが決まりましたがアジ子です。お次はネリエに切り替えて投入。棒ウキがチョンチョンと反応します。しかし、シモリながらもしっかりとは消し込まないので、次の投入では食べやすい様に小さめのネリエにしてみます。再投入すると、今度はウキがしっかりと勢いよく消し込みました! が、この正体は良型ギスでした。お土産の食材をゲットです。

キスが釣れたのをきっかけに、エサが底まで通っていると感じ、ネリエをマーブル仕様にすると、ウキに変化あり。確実に消し込みを確認してからアワセを入れると、力強い引き味を楽しませてくれたのは、小型ながらも綺麗なチヌでした。このあと更にもう1枚、同サイズを追加して納竿としました。残暑が厳しいので、水分・塩分を摂取し、熱中症対策に努めましょう。また、ウイルス対策も必要なので、マスクは必需品ですね(釣具店などに入店した際もマスクを付けましょう)。

SSC/MFG九州/釣研FG東九州支部/GFG大分/藪田義人・記

筆者のタックル

つり太郎WEB内を検索

バーコード