TOP ≫ 波止TOP ≫ 釣行記事

釣り場 : 大分県

Writer : 編集部

Residence : 大分市

Club :

Pride :

季節を先取りして…。秋チヌの釣り方を押さえよう!

2020年 8月 17日 15時頃

今夏は厳しい暑さが続いています。しかし、そんな気象状況とは裏腹に、海では夏が旬のオナガが好釣であったり、波止場のチヌが良く釣れたりという便りを耳にします。今回のテーマは少し季節を先取りして、「秋チヌ」をテーマに解説したいと思います。

夏チヌから秋チヌへの変化について
まず、私がチヌを狙う上で重要視していることは、魚の習性や食性をしっかり熟知することです。なぜならチヌは他の魚に比べて食生や習性が個性的だからです。そのため、その習性や食性を理解していれば、ポイントの選択や狙いのアプローチも柔軟に対応することができます。では、秋チヌはどんな習性、またどんな食性なのか?

四季を通じて最も好奇心、競争心が強くなるのが秋です。これは、越冬に向けてエサを蓄えるという意味で荒食いに入るためだと推測しております。食性もエビ、カニ、貝の甲殻類を始め、小魚(ベイト)などあらゆる物を捕食します。

次に釣り場の解説です。私が釣り場を選ぶ際の基準は、「習性」と「食性」を基準にします。エサとなるエビやカニは岩礁帯一色よりも、砂地のゴロタ石が絡むような場所に多く生息しているので、そのような場所を選びます。小魚が溜まるようなポイントも良いです。

例えば、こんな視点でも釣り場を選ぶ事もできます。それは遊漁船の停泊している港の中です。基本的に漁師さんの船や遊漁船は港の内側に船を停泊している思います。漁師さんは漁で獲れた魚の積み下ろしをしたり、網を洗ったりするため、豊富なエサが海に流れます。なので、秋に漁港などの波止場でチヌを狙う場合は、波止の外側よりも内側の方が断然良いと言えるのです。

次はタックル&マキエについてです。チヌ釣りをする上でタックルやマキエは、大きなウエイトを占めています。仕掛けは釣研「プログレスチヌ」を使用した「速攻全遊動釣法」で狙います。チヌ仕掛けの中でも最も重要なのは「ウキ」です。チヌを狙うフィールドではどうしても二枚潮や、三枚潮のいわゆる上滑りの潮が付き物となってきます。そこで出番となるのがその上滑りの潮を突破させるウキ「プログレスチヌ」なのです。

また、チヌは仕掛けの安定が大事ですので、そう言った面でも仕掛けの安定を図れるウキが必須となります。続いてマキエです。私が1日の釣りで使用するマキエは、沖アミ生3㎏ブロックを2角、ダイワ「銀狼アミノXチヌ激旨」、「銀狼アミノXチヌど遠投」、「深攻めチヌ遠投」を配合します。集魚剤には各々の役割がありますが、上記の配合でいくと、遠投、粒でアピール、濁りとバランスの取れた配合に仕上がると思います。

次に秋チヌのアプローチについてです。釣り方は、私が考案した「速攻全遊動釣法」で狙いますが、この釣法で重要視する点は3つあります。
①上滑りする潮を速攻で突破させること。
②仕掛けは極力抜けさせない(ハリからウキの距離を一定に保つ)こと。
③仕掛けの抜き(誘い)方。

まず①については、チヌ釣りにおいて一番厄介でありながら良くあるシチュエーションです。②については、仕掛けの抜け幅が大きくなるとそれだけ仕掛けに対して流れが当たる面が増えてしまい、仕掛けの安定が図れなくなるのです。③はチヌ釣りでは欠かす事のできないアクションの一つです。特に秋チヌは動くエサにはすこぶる反応が良く感じいます。主にカニやエビなどの甲殻類を主食としているので、誘いは特に有効と考えています。

あとはツケエのローテーションも意識します。ツケエローテの例を挙げると、ダンゴエサ→沖アミ→むきエビというように1投毎に替えます。同じエサばかり使用するのではなく、エサをローテーションする事で食いも持続させることができます。秋チヌは習性や食性を利用すると良い釣果に繋がると思います。まだまだ暑い日は続きますが、涼しい秋が来たら参考にしていただけると幸いです。

T・CLUB/木村 真也・記

筆者のタックル

つり太郎WEB内を検索

バーコード