TOP ≫ 磯TOP ≫ 釣行記事

釣り場 : 大分県

Writer : 編集部

Residence : 大分市

Club :

Pride :

秋磯に備えマキエ考察

2020年 9月 1日 11時頃

残暑厳しい中、皆様いかがお過ごしでしょうか?こうも暑いと中々、釣りにも行けずストレスが溜まる一方ですね。そのような日々ですが、やはり釣りの事が頭から離れないのは、釣り人の性…。これから始まる秋磯に備えて、万全の体制を整えたいと考えています。そこで今回は、私なりのクロ釣りのマキエワークについてお話ししたいと思います。クロ釣りにおいてマキエは絶対に必要なアイテムですね。また、近年は「全層釣法と通常の半遊動時でどのように撒き分けるか…」といったご質問を頂くこともあります。クロ釣りは、マキエワーク一つで釣果を大きく左右します。ご参考にしていただければ幸いです。

マキエ作り・・・まず1番に大切なマキエの作り方です。皆様、メーカーの拘り、配合の仕方、量、水分量等々あると思います。私はダイワ社の集魚剤を好んで使用しています。エサ盗りの多い時期は別として、通常のパターンは左のような感じで配合しています。これを釣り場で混ぜるのではなく、釣具屋さんで購入した後にすぐに混ぜています。その理由は、沖アミに集魚剤をできるだけ染み込ませたい(馴染ませたい)ことと、集中してきっちりと混ぜ込みたいからです。これらを満遍なく混ぜ、いつも決まった水分量で遠投が出来る様に必ず仕上げていきます。できるだけ自然解凍した沖アミを混ぜ合わせるのは言うまでもありません。また季節によって沖アミの粒を細かく砕いたり、原型のまま使用したりと、使い分けることもあります。

マキエワーク・・・マキエワークの基本と言われてるのはまず、足下にエサ盗り用に数杯打ち、自分が狙うポイントへ先打ちマキエを5ハイ程入れます。それから仕掛けをポイントの少し沖へ投入し、引き戻して同調させ流し始めます。これが基本です。しかしあくまでも基本で、いつもこのパターンで釣れるとは限りません。時期、水温によってクロの釣れるタナ、浮き上がってくるタイミングも違って来ます。

例えばクロの浮いてくるタナが浅く、エサ盗りが多い場合などがそうです。そのような場合は、遠近でのマキエワークが必要となります。足下のエサ盗り対策として潮下から潮上に10パイほど打ち、エサ盗りの頭を潮上に向け、本命ポイントへ出来る限りマキエを途中にこぼさないように数ハイ入れます。それから再度、足下へ打ちます。

この際、数投は本命ポイントに撒いたマキエのど真ん中を狙いますが、ツケエが盗られるような場合は、沖のポイントも2ヶ所に分けて、大型のクロを動かすように狙うと良い結果が出ることがあります。

寒グロシーズンは基本は同じですが、エサ盗りの量が少なくなり釣れるタナもどんどん深くなってきます。

この場合はポイントに撒いたマキエと仕掛けがどう、流れているか?どのタナで釣れるかを意識しながら追い打ちのマキエが肝になります。投入から回収までの時間が長くなるので、イメージが重要になるのです。

ヒシャクの重要性・・・忘れてはいけないアイテムとして、ヒシャクも重要です。フカセ釣りにおいて1番使用する道具です。各メーカーさんから色々と販売されてますが、私が愛用しているのは、キザクラ社の「チタンワープシャクII」。チタン製のカップは、ヒシャク離れもよく、容易に遠投が可能です。またグリップの下部に回転リングが付いているので、ロープを装着していても、ストレスなく使用することができます。みなさんもカップサイズ、シャフトの硬さ、グリップ等、自分に合ったものを選んで使ってみてくださいね!

以上、私なりのマキエについてお話しさせていただきました。夏も終わり秋からいよいよ、クロ釣りシーズンに入ってきます。皆様の良い釣りを期待します!

クラブキザクラ大分/原田直人・記

筆者のタックル

つり太郎WEB内を検索

バーコード