TOP ≫ 波止TOP ≫ 釣行記事

釣り場 : 大分県

Writer : 編集部

Residence : 大分市

Club :

Pride :

秋のエギング始動

2020年 9月 28日 0時頃

9月28日、中潮。いよいよエギングのシーズン! 早くも各地で数釣りを楽しんでいる情報が届いている。本誌のスーパーアドバイザーの首藤さんもそのお一人。「この日は佐賀関へエギング。コロッケサイズ主体に、数釣りを楽しみました」と画像を送ってもらった。平均300g級のモイカが主体となるが、時合いが来ると連チャンすることもあるとか…。しばらくは初心者でも楽しめる状況が続くものと思われる。

夏からエギングを楽しんでいる方ならおわかりいただけると思うが、年々モイカのサイズにバラツキが出始めた。稚イカ釣れたかと思えば、500g級のモイカがヒットしたり、状況によって様々なのだ。おそらく産卵期のズレにより、春に生まれた個体もいれば、秋に生まれた個体もいるからだと推測する。

シーズン初期なので、やはりメインは小型モイカ主体となるが、その下には500g級のモイカがいる場合もあるので、必ずボトムからシャクってみることをオススメしたい。特に地磯でのデイエギングは、ボトムでアタリが出ることが中心となるので、根掛かりを恐れずに果敢にチャンジしていただきたい。

使用するエギは、2・5〜3号クラスとなるが、近年はアゴリグと呼ばれる後で追加するオモリを使用することが多くなっている。2・5号のエギでは流れが速くボトムを攻めることができない場合に、エギに取り付けたスナップなどにセットするわけだ。釣り場の状況に合わせて使えるため、ぜひバックに忍ばせて欲しい。

モイカは一潮毎に大きくなるため、これからサイズもドンドンアップする。それとともにスレも激しくなるのが通年のパターンだ。

筆者のタックル

つり太郎WEB内を検索

バーコード