TOP ≫ 波止TOP ≫ 釣行記事

釣り場 : 大分県

Writer : 編集部

Residence : 大分市

Club :

Pride :

終活を迎えた釣り〜近場釣りでチヌ・アジ〜

2020年 9月 18日 13時頃

9月19日、中潮。皆さん、釣れていますか?台風10号通過後、一気に秋の兆しを感じるようになった4連休初日に、釣友の雨川氏と家島へ満潮の午前9時過ぎに合流。チヌとアジを狙ってみることにした。風の方は北風が少し吹いているが、釣りにはあまり影響は無さそうである。

早速、準備してきた沖アミ生1角に3種類の比重が違うコーンの入ったマルキユー「ナンバー湾チヌⅡ」を主体としたマキエを仕上げ、10m先のポイントへ10パイ程打ってから、次のような仕掛けを作る。

ウキはよく飛ぶ釣研「スリムチヌⅡ」に「ジョイナープレミアム/1・0号」を3・5m取り、遠投してもエサズレしないオーナーばり「沖アミチヌ/2号」を結んだ。ツケエは沖アミ生と「くわせオキアミスペシャル/L」を準備している。

タナ取りをすると7m程あり、底から50cm以内にツケエがあるようにセット。竿出しが満潮の9時半となった。潮の方はあまり流れていない中、「釣り開始」。まずは沖アミ生のLサイズを頭取りで第1投すると、まだ満ちの左流れが残っており、少し流れた所でウキが「スー」と沈んだので大アワセ!グーンと竿を曲げる引きをして、海面に浮いたのは、22cmのアジであった。

続いて「スパー」とウキが消し込むアタリが連続してあり、27cmサバがヒットしたので、マキエをポイントより2〜3m先に打つ。少し手前で狙うと、ゆっくり沈むアタリがあり、23cm前後のアジがポツポツとアタリ出した。この日は風が冷たく、少し肌寒いと雨川氏も言っている。サバやアジを盛んに釣っていたが、「ツケエが連続して残った」と入った言った瞬間、「来た!」と大きく竿を曲げて、しばらくのヤリトリの後でタモに収まったのは、丸々とした45cmのチヌであった。

ワタシにも28cmのメイタがアタったところで昼食とし、13時頃から右流れの時合い潮が流れ始めた。マキエにボラの群れが集まり釣り難いが、仕掛けが馴染んでからマキエを打つと、ボラはアタらないようである。サバが多い日だったので、ハリ上30〜40cmの所にBのガン玉を打ち、早く馴染ませる工夫をすると、3割くらいの確率でアジがアタるようになった。

15時の干潮前に、ジワーとウキが沈むアタリがあり、「来た!」と大きくアワセると、グーンと竿を曲げてアジとは違うコツンコツンという引き!37cmのチヌがタモに収まったのを皮切りに、30cm前後のメイタが連続ヒット。チヌを狙うなら干潮前後が良いようで、マキエ効果も抜群であった。

それから少しタナを浅くして狙うと、アジがアタるようになったが、アワセが難しく2〜3割の確率しか釣れなくなった。サイズも20〜24cm級とバラバラで、キス、ベラ、フグ等、色々な魚がアタるようになり、サバは消えたようである。17時まで頑張って釣り続け、アジを35匹と、味噌煮用のサバを10匹キープし、チヌ、メイタを3枚と、まあまあの釣果であった。

一方、雨川氏はサバ、チヌ、クロ等釣っており、クーラー満タンの釣果。アタリも多く、楽しい釣りができたと喜んでいた。最後に釣り場を清掃して、気分良く帰路に着いた。

MFG九州/仲國勝・記

筆者のタックル

つり太郎WEB内を検索

バーコード