TOP ≫ 磯TOP ≫ 釣行記事

釣り場 : 宮崎県

Writer : 編集部

Residence : 大分市

Club :

Pride :

北浦でプロトタイプ実釣

2020年 9月 13日 13時頃

9月13日、若潮。この日は、今秋発売予定のキザクラ社の際釣り専用ウキ(プロトタイプ)のテスト釣行です。同行者はキザクラ・モニターである宮崎県の田代くん。いつも一緒に釣りをしているので、気心知れた仲間です。そんな田代くんと、初めて使用するウキにワクワクしながら、宮崎県北浦の「喜福丸」に乗船! 船長にお任せコースで地寄りの磯へ上げてもらいました。おそくら船長のことだから、試されていると思います。釣らずに帰港すると、どんなイジられ方をするか分からないので、気合いを入れてタックルを組みます(笑)。

前述した通りウキはプロトタイプのBを使用。まだまだ水温も高めとのことなので、本日は朝から半遊動仕掛けです。ちょうど上げ潮から下げ潮へ変わる頃。仕掛けを投入して実釣スタート。まずは際から攻めてみます。

このウキは、際釣りに特化したウキとのことで、際釣り時の使用感は抜群です。仕掛け馴染み、ウキの角度など、非常に使いやすいウキ。ところが竿4本以上先へ遠投すると、途端に長所が短所へ変わります。30m以上遠投すると、小粒のため、どこを流れているのか分からない状況へ。その代わり、際狙いのオナガ釣りになどには抜群の使用感。仕掛けの角度は分かるし、糸抜けも申し分ない。釣り方を間違えなければ秀逸なウキといえます。

能書きはさておき、釣りの方はといえば、際はコッパのオンパレードとなっています。そこで、30mほど沖へ遠投。小粒で非常によく飛びます。しばらく流してみてもアタリがないので、タナを3ピロに変更すると、いきなり50 cm 級のチヌがヒット! 無事にタモ入れ成功!

お次はタナを2・5ヒロと浅くすると、30cmクラスのクロがぼつぼつとアタってきます! 田代くんも同様に25〜30cm級のクロをぼつぼつと掛けているようです。やはりまだ水温が高い時期だったので、厳しいことは覚悟していましたが、それでもやはり少々物足りなさを感じてしまいます。

そこで、マキエの帯からツケエを外して流してみます。するとコッパグロがヒット! 今度はツケエをいろいろと変えてみる作戦。ローテーションし始めると、ツケエが残り始め、次の投入で突然ヒット! 強烈な締め込みで取り込んだのは40cm級の口太でした!

私の頭の中で、本日の状況、使用しているウキ、すでに組んでしまったタックルなどを考慮し、これはオナガ1本に絞った方が面白いと判断。以後、オナガ狙いとなります。

同じようにツケエをローテーションしながら狙っていると、またもや強烈なアタリ! しかし今度はハリス1・5号が飛ばされました。痛恨の瀬ズレです。悔しい! どうしても獲りたい! 闘志がメラメラと湧いてきました。そこで、試しにハリスの号数を1・75号にチェンジ!すると、やはりアタリが出なくなります。1・5号以下のハリスでないと、オナガに見切られてしまう傾向が強いようです。もう一度ハリスを1・5号に戻すと、やはりアタリが出るのですが、いずれも強烈な締め込みで、なかなか姿を見ることができません。オナガと格闘しているとあっという間に時間が過ぎ、回収となりました。非常に残念、不甲斐ない釣行となってしまいました。

ところで、今回使用したプロトタイプのウキですが、際釣り専用に開発したそうで、その通り、際釣りでは抜群に使い易いウキに仕上がっていると思います。もうしばらく続くオナガ狙いなどももってこい。また厳寒期の食い渋り時期などに、際を狙う時にはぜひ使ってみたいウキです。半遊動と全層釣法どちらでも使えますが、やはりこのウキの特性を活かせるのは半遊動かも知れません。今秋発売予定なので、ぜひ釣具店で見かけたときには、お手に取ってじっくり&まったりご覧になってください。

クラブキザクラ大分・リーダー/真ぐれ会大分支部・支部長/吉田敏光・記

筆者のタックル

つり太郎WEB内を検索

バーコード