TOP ≫ 筏/川/ルアーTOP ≫ 釣行記事

釣り場 : 大分県

Writer : 編集部

Residence : 大分市

Club :

Pride :

蒲江森崎沖に秋到来! 各魚種上向き調子

2020年 10月 4日 12時頃

10月4日、中潮。夏場の高水温に悩まされた蒲江沖であるが、ここにきてめっきり朝晩も冷え込み始め、各魚種が活発になってきた。ここ「真珠山本釣り筏」でも、いろいろな魚が上向いているので、速報として情報をお届けしたい。

まずは、曳き船、貸し船での釣果。晩夏から続いているシマアジがまだ回遊していることに注目したい。このシマアジは、主に船上からのフカセ釣りで釣果が上がっている。その時の潮にもよるが目安は竿1〜2本の間で釣れるようだ。通常のフカセ釣りと同様に船上からマキエをし、魚を集めてハリに掛ける方法でシマアジも釣れている。もちろん、シマアジだけに限らず、上向きてきた口太グロやマダイなどのアタリもあるし、潮次第ではハタ類のアタリもある。

この日は、ここ数日とれないウネリの影響もあったので、森脇湾内での釣果となったようだが、それでも下画像のような釣果に恵まれやことに、今後への期待が否が応でも高まる。船上フカセ釣りを楽しむ場合は、事前に船長に相談し、まずはポイントを確認してから出港して欲しい。また対象魚を伝えておくことで、より確率の高いポイントを案内してくれるはずだ。

一方、急激にアタリが増えているのがエギングでのモイカ。森崎沖にある屋形島は知る人ぞ知る魚の越冬地として知られる。岩礁帯が点在する地形のため、小魚の多い海域である。当然それをエサに集まるモイカも多く、ポイントを把握することができれば、数釣り間違いなしの釣り場だ。逆にそのような地形のため、根掛りが多発する地域でもある。闇雲にポイントを攻めれば、痛恨のエギロストとなり、釣りにならないため、まずは地形をある程度把握してからエギで攻めることをオススメしたい。

使用するエギは3〜3・5号クラス。特にこの時期は、3号クラスのエギで十分対応できる。イメージとしては、点在する磯や沈み瀬周りへエギをキャストし、そこから船までを探る方法。ショアからのエギングとは逆に、手前に寄せる毎にフォール時間を長くすることで、中層から底に潜むモイカにアピールしたい。うまくハマれば、500〜700g級のモイカの数釣りが楽しめるはずだ。

一方、筏の方も各魚種が活発になっている。秋になり水温が下がり始めたとはいえ、まだ例年よりは1度ほど高めに推移している。そのため、メインはサビキ釣りやカゴ釣りのゼンゴとなるが、初心者でも面白いように釣れるだけに、家族で楽しむにはもってこいの釣りと言えそうだ。サビキ釣りと合わせて、面白いのが胴突き仕掛けでのカワハギ狙い。こちらは体長20〜25cmクラスのカワハギが狙える。ツケエはゴカイやアサリとなる。また、サビキ釣りで釣れたアジを泳がせて、モイカや青物を狙うといった釣りも楽しめるがこれからのシーズン。防波堤とはことなり、釣り仲間だけで筏に上がれるため、三密を避けることができるのも嬉しい。

最後に気になるのは台風14号の情報。おそらくこの号が発売される頃には、九州も強風域に入る頃。できるだけ事前に台風の備えをし、台風一過となったあとの海に期待したい。おそらく森崎湾内にも、荒れる海から避難した魚たちが集まってくるはず。そうなれば本格的な秋の筏釣りをスタートとなるはずだ。近年の傾向として秋が駆け足ですぎるため、まずはスケジュール調整して、早めの釣行をオススメしたい。特に来週からが狙い目と予測する。

写真提供=真珠山本釣り筏 TEL 090・4586・3840

筆者のタックル

つり太郎WEB内を検索

バーコード