TOP ≫ 波止TOP ≫ 釣行記事

釣り場 : 大分県

Writer : 編集部

Residence : 大分市

Club :

Pride :

別府市若草港で良型チヌ入れ食い?

2020年 9月 30日 16時頃

9月30日、大潮。すっかり秋めいて来た9月最後の日、釣友のくーちゃんを誘って別府の若草港へ。

9時頃より釣り開始。道糸・ハリス共に1・5号、チヌバリ3号にウキはガルツの「極鱗0〜00/沈め」を使用。ハリの20cm上にG7のガン玉を打ちます。沖アミ生1角に集魚剤2袋、ツケエは沖アミ生とネリエにコーンを用意して釣り開始!足元に2ハイ、沖目に数杯のマキエを入れて、沖目のポイントに仕掛けを投入。まずは潮の流れの状況を確認します。

潮はゆっくり西大分方向に流れてる様子。仕掛けとマキエを合わせる様に意識しながら流してみた2投目、道糸がピンっと張ったアタリが…。ファーストヒットは手の平サイズのメイタ。思った程、エサ盗りは多くないみたいで、沖アミ生で十分通用しそう。手の平〜足の裏サイズのメイタが数匹釣れたところで、今までとは違う重量感ある引きが…。ようやくタモの出番となる40cmのチヌが登場!

沖目のポイントはメイタ〜チヌがかなり寄って来てる様子で、隣で釣っているくーちゃんに出来るだけ仕掛けを遠投する様にアドバイス。するとすぐにくーちゃんの竿が大きく曲がり、40cmサイズのチヌが釣れました。マキエとツケエが同調しない時はクロやフグがアタって来ますが、上手く同調した時はかなりの浅ダナでチヌがヒット!

ネリエ、コーンも使用してみましたが、今回は沖アミ生が1番アタリが出て勝負が早かったです。飽きない程度に数釣りを楽しんでると、自分に強烈なアタリが…。良型のチヌの感じでしたが、最後にテトラの際で突っ込まれた際にハリスが擦れて敢えなくバラし…。

それからアタリが遠退いたので場所休めも兼ねて暫し休憩。30分程休憩して釣り再開。休憩前は少し当て気味だった潮の流れが亀川方向にゆっくりと流れ始めています。マキエをしてみると沖の方に波紋が…。ゼンゴかクロが湧いて来たかと思いながら仕掛けを投入すると、着水と同時に糸ピンのアタリ!40cmサイズのチヌが釣れて、波紋の正体はまさかのチヌ!

ハリスを少し短くしてやってみると、入れ食い状態に…。くーちゃんも竿を曲げてチヌ釣りを楽しんでる様子。時折、ダブルヒットもあったりして入れ食いを堪能していると、くーちゃんの竿が大きく曲がった!ゆっくりヤリトリしてタモに収まったのは本日最大の45cmのチヌ。この後もマキエが無くなるまでメイタ〜チヌが釣れ続き、マキエが無くなった13時過ぎに終了、納竿としました。思いがけない爆釣に満足の行く釣行となりました。

ガルツフィールドモニター/山本修一・記

筆者のタックル

つり太郎WEB内を検索

バーコード