TOP ≫ 磯TOP ≫ 釣行記事

釣り場 : 大分県

Writer : 編集部

Residence : 大分市

Club :

Pride :

釣り好き鯛企の釣りタイ食べタイおめでタイ

2020年 10月 25日 17時頃

段々と秋めいており、日中との寒暖の差が大きくなってきました。体調だけは崩したく無いですね。今の時期、こんなに釣り人の心をくすぐる季節は無いですから。コロナの影響でメーカーの大会は中止になってしまいましたが、クラブの大会は少しずつ開催され始めました。少しずつでも前進している感じがして、これはこれで嬉しく思うし、生活も少しずつ日常を取り戻しつつあります。魚を釣りたいし、魚を食べたい!そんな欲望を叶えてくれる「GOTO磯釣りキャンペーン」はないですか(笑)?やって欲しいなぁ〜(笑)。

さて、秋シーズンのスタートは「IGマリン」さんにお世話になりました。朝6時に出港して、20分程で磯に到着します。津久見の磯の特徴は、切り立った磯が多いので荷物はコンパクトにしておくことをオススメします。まずは磯に着くなり、エギングを始めます。2・5号を付けてキャストすると、新子が沢山追って来ますが、乗りそうにありません。小さいのばかり追って来るので、エギを3・5号にチェンジしてキャスト!ピュッピュッピュッと3回シャクってステイすると、アタリが出ます!今年の初モイカをゲット!

その後はアタリも無くなり、本番のフカセ釣りをする事にします。仕掛けは道糸に東レ「銀鱗スーパーストロングNEO/1・5号」、ハリスも同社の「トヨフロンスーパーハードL/1・5号」、ウキは釣研「エイジア/01」、ハリはヤイバ「プロフェッショナル/4号」にして、開始することにしました。

浮いて食うと察しているので、上からゆっくり探っていく作戦。釣り座の潮は、左から右にゆっくりと流れて行きます。風は正面から吹いており、マキエを足元に入れると、一瞬にしてエサ盗りが集まってきます。これを見ると本当にゾッとしますね(笑)。ですが、エサ盗りの活性が低いとクロの活性も低いと考えれば、これはこれで嬉しいお客さんです。

竿1本先にキャストで、手の平サイズのクロが面白いように釣れます。仕掛けの投入位置を移動しながらクロやエサ盗りの反応を見て、竿4本程にキャスト。同行していた福本さんの位置まで流して回収すると、それまでは入れ食いしていたのにツケエが残っています。どうやらクロが沖に出てない様子。または、沖に出るだけの泳遊力のある良型グロがいないのか?

竿3本より近く、竿2本より遠く。そのポイントが、本日の最大クラスが良くアタって来るようです。口太とオナガも交じり、口太は30cmクラスは痩せていますが、25cmクラスは太っており、それに比べてオナガは全て太っていて、最大となった35cmのオナガはお腹周りが脂でギトギトでした。まだ海は夏なのですかね?そんなイレパク状態でしたが、足元のエサ盗りも居なくなり、昼からはパッタリと生命反応が無くなります。そんな時は「IGマリン」さんにお願いしていたワンコイン弁当を食べて休憩です(その模様はユーチューブ「磯飯IGマリン。磯で○○を9キング鯛企が行くよ。」をご覧下さい。https://youtu.be/9riTzqPyaYEta)。

昼からはチヌと、マダイ釣りに変更です。私は釣研「エイジア/05」にして狙って行きます。福本さんも私と同様に深場狙いです。ベラ、カサゴ、小アジ、フグ、チャリコ、コッパグロがポツポツ掛かりますが…、残念ながら昼からは静かな海でした。これからは本格的なクロ釣りシーズン突入します。どんどんとサイズも上がって来るでしょう。安全で楽しい釣行を心がけて行きましょう!

釣研FG東九州支部/TFT九州/TEAMヤイバ大分支部/高橋鯛企・記

筆者のタックル

つり太郎WEB内を検索

バーコード