TOP ≫ 筏/川/ルアーTOP ≫ 釣行記事

釣り場 : 大分県

Writer : 編集部

Residence : 大分市

Club :

Pride :

釣れなくても楽しい、アジング&エギング

2020年 10月 26日 20時頃

アジング、エギング、楽しいな。釣れなくても楽しいな。10月5日、中潮。佐伯市上浦、夏井港と東雲中学校裏、満潮20時47分。

北系の風となると、ホームグラウンドの佐賀関は釣り座が少ない。そこで四浦半島の風裏、佐伯市上浦で釣行することに。夏井漁港、18時釣行開始。堤防にはイカ墨がちらほらと。イカ墨の大きさから判断するに型は小さいかな。数もまだ上がっていないか。夕まずめのカマス狙いで入ったが魚信が全く無い。エギングもダメ。右斜め後方から吹く風で釣り難い。

19時、東雲中学校裏へ移動。この移動が吉と出る。30分ほどエギングをしたが、キャスト時に高切れでエギをロスト。1度もイカを掛けたことが無いエギが、海の藻屑となってしまった。アジングに切り替える。1投目で目視22cmのアジが釣れるが、モタモタしている間にテトラの隙間へポロリ。数投後に2匹目をゲットするがポロリ。ネットを持ってくればよかった。計9回魚信。22〜25cmを4匹。2ポロリ、3バラシ。

21時になると魚信が遠退き、21時半に魚信がプッツリと消えたので納竿。最初から東雲中学校裏に来ておけばよかった。もしかしたら、結構いいアジングスポットなのではなかろうか。ここ数年感じるのはホームグラウンドの佐賀関エリアで良型のアジが釣れなくなってきていること。もしかしたら東雲中学校裏は、尺前後のアジがビシバシドキューンってな感じで釣れちゃうんじゃ〜ね〜の。

10月11日、長潮。佐伯市立東雲中学校裏、干潮20時37分。18時釣行開始。最初から東雲中学校裏だぁ!テトラを越えて足場の良い堤防へ。イカ墨は無いが、夕まずめから夜といったらやっちゃうでしょう、エギング。1時間ほどエギングしたが魚信無し。

19時、爆音!何事!夜空に打ち上げ花火が開花する。東雲中学校から打ち上げ花火。夕方、たくさんの子供たちの声が聞こえてくるな〜と思っていたら、地区のイベントが開催されていたようで。偶然ではあるが、特等席で花火を見ることができました。せっかくテトラを越えて足場の良い堤防へ来たというのに釣れない。

仕方が無い。テトラへ戻るとするか。最初に釣れたのはメバル。20時くらいにようやく18cmのアジが釣れたが、アジはこの1匹だけ。21時頃は20cmくらいの小サバが釣れ始める。前回のようにアジが食いついてこない。今夜は潮も長潮と弱い。ビシバシドキューンの予定だったのに…。22時納竿。

10月15日、大潮。佐伯市立東雲中学校裏、満潮18時15分。

18時釣行開始。今日は釣り仲間のヒデさんと一緒。2馬力でビシバシドキューンの予定であったが、魚信が無い。19時、ヒデさんが小アジをゲット。筆者にも魚信。ようやくアジが回遊してきたかと思ったが、このあとプッツリと魚信が無くなる。

20時、夏井海岸多目的公園広場へ移動したが状況は同じ。30分ほどエギングしたが魚信無し。ヒデさんがポツリと言う。「アジってこんなに釣れなかったっけ?」。21時納竿。

10月21日、中潮。佐伯市立東雲中学校裏、干潮3時45分。

気になる早朝。2時釣行開始。開始5分で22cmのアジ。10分後に20cmのアジ。やっぱり早朝が良さげと思ったが、魚信がプッツリと消える。東雲中学校裏、結構いいアジングスポットかと思ったが、そうでもないかもね…。時期的なものかもしれないが、型の良いアジがビシバシドキューンなら地元のエサ釣り師がいるはず。

3時、夏井漁港へ移動。アジングを諦めエギング。新しいイカ墨はあるが数は少ない。4時、夏井海岸多目的公園広場へ移動。こちらも同様。5時、臼杵市の長目半島の伊崎漁港へ移動。ほとんどイカ墨が落ちていない。魚信無し。6時納竿。

10月26日、長潮。佐賀関、満潮4時10分。2時半、釣行開始。

まずは小志生木漁港にてエギング。去年の同時期と比べると、堤防のイカ墨が少な過ぎる。5投目にヒット!やっぱりいるじゃ〜ん、あれっ?ああ、コウイカか。その後は魚信無し。3時、古宮に移動してアジング。ショートバイトが1回だけ。

3時半、秋ノ江に移動してアジング。4時に15cmが1匹だけ。4時半、辛幸(からこう)へ移動してアジング。開始早々に21cmのアジが釣れる。5時に同サイズの2匹目を釣るが、その後は魚信無し。6時、小志生木漁港へ移動してエギング。朝まずめの光量変化の時間帯を狙ったが不発。6時半納竿。

今年は超苦戦している筆者。先月同様、締まらない釣果報告。本誌ライター的にどうなのよ、って少しブルーな気分です。しかし気持ちを切り替えて、11月からはエギングオンリーで、ビシバシドキューンとモイカを仕留めてやるぜぇ!と、毎年宣言するのですが、上手くいったことがないのよね〜。そして筆者がポツリと言う。「モイカってこんなに釣れなかったっけ?」。と言わないようにしたい(超絶希望)。

HN/アトピーパパ・記

筆者のタックル

つり太郎WEB内を検索

バーコード