TOP ≫ 波止TOP ≫ 釣行記事

釣り場 : 大分県

Writer : 編集部

Residence : 大分市

Club :

Pride :

米水津のクロ我流秋磯攻略方法

2020年 10月 30日 20時頃

10月30日、大潮。皆さん、いよいよ秋も深まり、紅葉の季節を迎えました。クロ釣り師にとってワクワクが止まらない季節ですね。私もチャンスがあれば磯へでかけようと思っているところです。実は先日も米水津の磯へクロ釣りへとでかけたのですが、私は思ったような釣果が得られませんでした。その原因は…、水温の上昇です。10月に入ってから徐々に黒潮の影響で水温が上がっているようなのです。当日の表面水温が22〜23度とまだまだ高め。当然場所によってはエサ盗りが多い状況になっているようです。今回は当日の実釣も踏まえて、これから本格化する秋磯、特に米水津の秋磯について書いてみたいと思います。

まず、大前提として私の個人的な感想として米水津は引き潮狙いの方が釣りやすいという事です。これは、干満による引き潮ということもありますが、小潮から大潮へ向かう上り潮よりも大潮から小潮へ向かう下り潮の方が釣果が上がることが多いと感じています。なぜかといえば、南向きに位置する磯が多い米水津では、満ち潮(上げ潮)時は、突っ掛け潮になる事が多く、私が不得手とする潮だからです。特にエサ盗りが元気なシーズンの突っ掛け潮は、コッパグロの中から良型グロを抜き上げなければならず、非常に難しい釣りとなると思います。だから、できるだけ引き潮(下げ潮)狙いで釣行したいと考えているのです。

この事を前提にお話をおすすめさせていただきます。この時期は、前述の通り、まだエサ盗りも活発です。ですが、クロが釣れるタナも浅いため、マキエワークなどを駆使してエサ盗りと本命を分離しながらクロを狙います。潮が通すようなポイントや遠投が必要なポイントには、キザクラの「Vダッシュ/ケイズグレビスエスティー」の0〜0シブをチョイスして潮の筋を狙います。この「Vダッシュ」なら、潮の筋に仕掛けも入れやすいため、かなり重宝しています。特にまだまだ1〜3ピロ前後と浅ダナで釣れる時期なので、斜めに仕掛けが入ってくれるこのウキが、本領を発揮してくれる時期だと思います。

ただし、仕掛けが立ってしまうと途端にこのウキがデメリットになってしまいます。それが突っかける潮なのです。

突っ掛け潮になると、「Vダッシュ」のメリットである斜めに入る仕掛けが、逆に扱い難い仕掛けとなり、アタリも取りづらく、思ったように操作ができないことも多々出て来るかと思います。そのような突っ掛け潮に変わった時は、キザクラの「ディアG」などにチェンジします。

キザクラのウキの中で「ディアG」は下ぶくれウキとなり、突っ掛け潮はもちろんトロトロと流れるような釣り場や、風の影響がある状況でも抜群の操作性を発揮します。また、風の影響も受けづらいメリットもあります。当然仕掛けは真っ直ぐにフォールするので、仕掛けを送り込むことはもちろん、アタリもわかりやすいはずです。

このように状況に応じてウキを変化させることで、自然と狙い方も変わり、思った以上に釣果を得ることができるようになります。ぜひ参考にしていただけると幸いです。

ウキの話はこのくらいにして、この時期の私なりのクロの狙い方についてお話します。この時期は、エサ盗りを避わしながら良型グロを狙います。ここで、「避わす」という言葉には大きく分けて2つの避わし方があります。オーソドックスにマキエワークでエサ盗りと本命を分離し、良型グロを狙う場合。もう一つはマキエの投入と仕掛けの投入のタイミングをズラすことで、エサ盗りと本命を分離して釣る方法です。

私の場合、主に米水津では、後者の方法を取ることが多いです。なぜかといえば、コッパグロの群れの下、または同じようなタナで良型グロがアタってくることが多いからです。具体的には、マキエを打ってエサ盗りの動きを観察し、その後に浮いてくる良型グロを確認します。その間およそのカウントをします。つまり、コッパグロがエサを拾うタイミングと良型グロが浮き上がるタイミングのズレを確認するのです。このタイミングが分かれば、マキエを投入した後、インターバルをおいてから仕掛けを投入し、良型グロが浮き上がるタイミングでツケエがタナに到達するように調整します。

「よくこれだけのエサ盗りの中から良型を釣り上げるな〜」といった場合は、このようにタイミングをズラして仕掛けを投入しているケースが多いと思います。じっくり観察していると、違った世界が見えてくることもあります。

偉そうに書いていますが、これが結構難しいので、私も釣行する度に四苦八苦しながらいろいろなことを試して狙っています。これがまたクロ釣りが止められない原因なのですが…。長々と書いてしまいましたが、騙し騙されの駆け引きが本当に面白い時期です。ぜひ秋磯を堪能しにでかけてみませんか?

クラブキザクラ大分・リーダー/真ぐれ会大分支部・支部長/吉田敏光・記

筆者のタックル

つり太郎WEB内を検索

バーコード