TOP ≫ 筏/川/ルアーTOP ≫ 釣行記事

釣り場 : 大分県

Writer : 編集部

Residence : 大分市

Club :

Pride :

しょごたんのルアーフィッシング 青物狙い!

2020年 11月 10日 14時頃

こんにちは!しょごたんです!めっきり秋深まり、冬の足音が聞こえてきています。さて、最近のしょごたん的なマイブームは、「これからの時期に外せない北風」を追いかけての青物ゲームに勤しんでおります。北風というと…「風がめっぽう強くて釣りにならない!寒い!」のイメージですよね。しかし、この北寄りの強い風が、青物を追いかける上で重要なキーワードになります。

それはどういう事かと言いますと、「強い北風+北向きにひらけた湾の地形」が揃うと、沖から大量のベイトフィッシュが流入してきます。そして、そのベイトに青物が付いて湾奥まで入ってきてフィーバーする訳です。この、キーワードを元に地元大分では北風が吹く「エックスデー」を上手く当てて、県南の湾内でナブラ祭りに遭遇!この時は「フォールトリック103」で確実に釣っていく展開が大ハマりで、4㎏クラス頭に複数本のキャッチに成功しました!

そして、県外では長崎や佐賀方面で北風で押し寄せられてきたトビウオに着くヒラマサと戦いました!この時は16〜19cmの「スリム系ダイビングペンシル」がハマって、ナイスなヒラマサを連続キャッチする事に成功しました!この大分での青物ゲームと九州北部での青物ゲーム。同じ青物狙いですが、共にベイトフィッシュのサイズに合わせたルアー選びが非常に大切になります。

大分では10cm少しのカタクチイワシがベイトフィッシュだったために、ヘビーシンキングペンシルの「フォールトリック103」がどハマり。九州北部では、大型のトビウオがベイトフィッシュだったので「スリム系の大型トッププラグ」がマッチ。このように、まずはエサに合わせたルアー選びを考えなくてはならないのです。さあ、これからまだまだチャンスとなるタイミングは、たくさん巡って来ると思います!ハイシーズンの青物ゲームを楽しんでみてはいかがでしょうか?

しょごたんでした!

筆者のタックル

つり太郎WEB内を検索

バーコード