TOP ≫ 筏/川/ルアーTOP ≫ 釣行記事

釣り場 : 大分県

Writer : 編集部

Residence : 大分市

Club :

Pride :

蒲江イカダ・沖2連釣り

2020年 10月 9日 16時頃

10月9日、小潮。数年ぶりに蒲江のイカダへ乗ってみる。狙いは大きくマダイに据えるも、待ちを覚悟でお土産用のサビキ仕掛けと、ナブラが出た時用のライトジグ道具を持参。クーラーボックスと併せて結構な荷物になるが、ゆったりとしたイカダ上なら、まあ大丈夫。強いて欲を言うなら、イカダの真ん中辺りに竿立てを設置してくれると素晴らしい。

先行の人は自作の太軸バリに太いハリスを使ったサビキでアジ、サバに交じってネリゴを釣っている。こちらもマダイの仕掛けを投入、置き竿にすると、サビキ釣りに参戦。物凄いサバの猛攻が始まる。約30cmのサバは脂もそこそこありそうで、ダブルで掛かってくるので忙しい。アジは底近くにいるが、仕掛けが底まで落ちないうちにサバに食い上げされることが多い。タイ釣りの仕掛けはと言えば、ツケエの沖アミがひたすら無くなるばかり。時折不器用なサバがハリ掛かりし、長いハリスの仕掛けを引きずり回して他の方に迷惑を掛けそうになるのを、慌てて引き上げる。そんなことをしていると、突然至近距離の水面に小魚のボイルが起こり、海鳥もダイブを始める。そこですかさず18gのジグを投入するも、こちらは不発。同じような一瞬の狂乱がこの日は3度ほどあったが、ルアーには何も掛からなかった。

夕方の上がりまでにアジ、サバ併せて100匹ほど。帰路、魚のお届け先数件に予告電話を入れ、自宅用は40匹程度まで減らす。サバ2匹を刺身で、アジ10匹ほどはなめろう(味噌を混ぜたタタキ)を作って酒の肴とする。残りは捌いて冷凍庫へ。サバは2日後にもう1回解凍して刺身で食べてみる。アニサキスを殺すため一度冷凍するのが安全と言うが、味の点ではやはり釣った日の新鮮なものには劣ると言わざるを得ない。

10月17日、大潮。再度蒲江へ。この日は友人2名と和船を借りての沖釣り。風雨が予想されながらも、前後合わせて3日間のうちでは風が弱めの予報。それでもしっかり上下の雨合羽に身を包んでの根性釣りを覚悟。天候の急変を考えると、あまり沖へは行かない方がいいとの宿の忠告ごもっとも。普段は一気に通過する近場のお試しとなった。

1週間前の釣りで湾内に大きなサバの群れが入っていることを知っていたので、タイラバ・ジギング中心の釣りながら、お土産用のサバ目当てにマキエとサビキも持参。マダイは広く散っていると聞き、船を流しながら探るがなかなかアタリが無い。近場はハタ類が多いのか、ポツポツと上がる。

しばらくすると今回も近くの水面にナブラが出る。一瞬で潜るのでジグの投入が間に合わない。シーアンカーを回収して追跡モードに入る。発見したナブラの移動方向を見切り、その鼻先へ船を廻し、友人2人にジグ投入の合図。魚の動きが速いので、自分は操船に専念する。突然始まったナブラ打ちに、友人2人も鼻の穴からアドレナリンが溢れ出る。ウネリのある海面に揺れる小舟の上で、コケそうになりながらも、ジグを打ち込む。「来た」と竿をしならせるも、ドラグから糸を引き出すほどの力は無さそうな魚は、すぐに取り込まれる。上がってきたのはスマカツオ。トロ身の刺身が目に浮かぶ。船長の分も釣ってくれとばかりに、群れを追う操船にも気合が入る。1時間ほどスマカツオを追ってのナブラ打ちを楽しむが、風も強くなり群れが見えなくなったところで、いったん風をよける場所へ避難してタイラバを再開する。

魚探で丹念にカケアガリを探して、その上を流すようにしながらタイラバを落とすと、友人の一人が40cm弱のマダイを釣り上げる。タイラバ、ジグにポツポツとハタが釣れてくる。魚探に反応があるのはやはりサバで、前週のイカダの周りよりも一回り大きな35cm近いものが中心。刺身でも焼いても立派におかずになる。これを狙って自分はしばらくサバ釣り。友人たちはその後もポツポツとマダイ、ハタを追釣。3匹目のマダイも上がったところで帰港の時間。スマカツオを見つけた宿の人から「こいつの群れを狙って、その下にもっとデカいやつ(マグロ)がいるけど、掛けても取り込めないだろうな」と、寝た子を起こすような挑発的な発言あり。とりあえず、この日の晩は「マグロのエサ」の刺身を楽しんだ。

HN/ゆけむりのさむらい・記

筆者のタックル

つり太郎WEB内を検索

バーコード