TOP ≫ 船TOP ≫ 釣行記事

釣り場 : 大分県

Writer : 編集部

Residence : 大分市

Club :

Pride :

アジを泳がせオオニベが釣れた!

2020年 12月 3日 12時頃

12月3日、中潮。この日は、杵築市納屋港より出船している、「第二そうや丸」でアジ・サバ釣りへ行ってきました。朝6時に出船し、釣り場の大分沖へ…。この日は風がかなり強く、釣りづらい状況でした。

最近は良く、アジ、サバ、ハマチ、カツオが釣れているようなので、ハヤブサの「ケイムラレインボー/12号」を使用しました。道糸とハリスはサンラインの「シグロンP Ex4」と「NYシステムショックリーダー35lb」を使用しました。

船長の合図で、釣りを開始するとすぐに、30〜35cmのアジ・サバがポツリ、ポツリ釣れ始めました。ところが、潮が変わった後からはアジのサイズが25cmに…。そこで、アジがハリ掛かりしたら、そのままボトムまで落とします。しばらくすると、急に竿がかなり曲がり大物のアタリを知らせます!

すぐにアワセを入れ電動リールを巻きますが、途中で巻けなくなり、出されては巻き、出されては巻きを繰り返し、格闘から10分海面に上がって来たのは、見たこともない魚でした。船長さんから「オオニベ」と教えていただきました。帰宅後、計測してみると121cm、14・8kgでした。こんな大物初めて釣れてので、次回からは更に大物を釣りたいと思います。

次の日、オオニベを刺身と鍋料理にして食べましたが、非常に美味しかったです。皆さんも是非、大分の船釣りでオオニベ狙いをしてみてください。

宮部愛美・記

筆者のタックル

つり太郎WEB内を検索

バーコード