TOP ≫ 波止TOP ≫ 釣行記事

釣り場 : 大分県

Writer : 編集部

Residence : 大分市

Club :

Pride :

大分市の家島でチヌ・アジ釣り

2020年 12月 1日 0時頃

12月1日、大潮。寒さが一段と厳しくなった終活釣り師にとって、朝食をのんびり食べて天気予報を見て、今日はどこで釣りをと思案。大在方面を目指したが、風向きが悪く、密を避けて家島へ向かうことにしたのが午前10時頃。釣り人の姿は無く、いつもの所に釣り座を構える。

早速、準備して来た沖アミ生1角に、マルキユーの集魚剤「アミパワーグレSP(新発売)」と「湾チヌスペシャル」を混ぜたマキエを仕上げた。15m先のポイントに10パイ程マキエを振ってから、仕掛け作りに入る。

ウキは感度を重視して、釣研「Kー6」を使用。ハリスは50cmまでのチヌなら大丈夫の「ジョイナープレミアム/1号」、「沖アミチヌWケン付き/1号」を結ぶ。ツケエは沖アミ生と「くわせオキアミSP/M」を準備した。タナ取りをふると7m弱だったので、底から30cm 以内にセットする。

釣り開始は、引きの2 分位からで、潮の方は「左流れ」で、まだ満ち潮が残っている。今までなら数投目でアタリが出ていたのに、今日は30分も過ぎたのにツケエは残ったままで、イヤーな予感がする。「大潮で良い釣果無し」と思っていたら、「スー」とウキが消えるアタリがあり、大アワセするとブルブルしながら丸々とした24cmのアジが上がって来てホッとする。

突然「こんにちは!」と言うので、横を見ると、釣友の河上氏が来ており、「今待望のアジが釣れたところです」と言うと、「横で釣ってみます」と左側へ釣り座を構えた。潮の方は安定しないので、50cm程深くして流していたところ、「スー」とゆっくり消し込むアタリに、しばらく待ってから「来た!」と大アワセすると、グーンと大きく竿を曲げて、沖へグーグーと走る引き。これに耐えて慎重に寄せて、ゴボーっと浮いた所をタモで掬い、メジャーを充ててみると、42cmのチヌであった。

昼食後から潮の流れも少し良くなり、マキエの濁りに沿って仕掛けも入るようになる。圧巻だったのは、14時頃の干潮前にアタリが出て、24cm級のアジが連続ヒットしたかと思ったら、重量感ある強烈引きをする43〜45cmのチヌも連続ヒット! 左手の河上氏にも強烈なアタリがあり、本日最大の47cm のチヌが上がった。更にここでは珍しく、何と30cm級の良型アジまで釣り上げた! 私も26cmの良型アジをヒットさせ、さらに一気に足元に突っ込むアタリが出て、タモに収まったのは、ここでは最大となる34cmのクロでびっくりした!

今回使用した「アミパワーグレSP」の集魚力には、非常に驚かされた。これからの釣りに効果を上げそうである。海水温も20 ℃を切るようになり、色々な魚が釣れるようになるだろう家島を、16時には清掃して帰路へ向かった。

MFG九州/仲國勝・記

筆者のタックル

つり太郎WEB内を検索

バーコード