TOP ≫ 磯TOP ≫ 釣行記事

釣り場 : 大分県

Writer : 編集部

Residence : 大分市

Club :

Pride :

これからの「寒グロ」の攻め方

2020年 12月 26日 9時頃

皆さん、こんにちは!T・CLUBの藤本です。今月の担当させて頂きます。今回は、これから本格的に始まる寒グロシーズンに向けて、高水温時と低水温時の釣り方の違いに関して私なりの釣り方を紹介したいと思います。まずはその①、仕掛けに関してです。

私は年間を通して、ほとんど仕掛けは変えません。5〜6mのハリスに9号クラスのウキを通して、2ヒロ〜竿1本までを探ります。具体的には、釣研の「エキスパート」シリーズの0や0α、「エイジア」の0や01等です。からまん棒から20cm程の所にウキ止めを付けて、ウキでアタリを取る様に心掛けています。理由は浅いタナで効率良くアタリを捉えるためです。低水温時にこのタナでツケエが盗られない場合は、ガン玉を打ち、沈めて狙います。

次に、その②、マキエに関してです。私はマキエも年間を通してほとんど変えることはありません。具体的には、マルキユーの「グレパワーV9」、「グレジャンボ」、「グレの道」「グレパン」、「遠投フカセTR」等の軽い粒子が多く入った配合を愛用しています。理由は、前述したように少しでもクロを浮かして浅ダナで食わせる事で、効率良く釣るためです。マキエの量は、1日釣りをする場合、高水温時は沖アミ生3〜4角に同量の集魚剤、低水温時は2〜3角に同量の集魚剤を基本に、エサ盗りの多さによってマキエの量も変えるイメージです。そして、混ぜ合わせる場合は極力釣り場で混ぜます。これはマキエが水分を吸い、ダマになるのを防ぐためです。

最後にその③、釣り方に関してです。まず、高水温時は基本的にエサ盗りが多いため、遠投主体の釣りになります。マキエの打ち方はエサ盗りに多く本命には少なくし、点打ちマキエとなるため、マキエと仕掛けのコントロールが重要となります。浅いタナでコントロール良くマキエ・仕掛けの投入が出来れば、自ずと釣果も付いて来るでしょう。

次に低水温時の場合は、基本的にエサ盗りが少なく、本命の活性も低いことが多いため、近場・瀬周りを狙う釣りとなります。マキエの打ち方は、本命に多くエサ盗りへは少なくし、広く散らしたマキエの打ち方をすると良いでしょう。少しでも長くマキエと同調し、活性のあるクロを釣るためです。また、私は低水温時でも浅いタナを狙い、しばらくツケエが盗られなくても、後打ちマキエと誘いを繰り返します。後打ちを繰り返すことで、活性の低い深ダナのクロを上に向かせ、浅ダナまで浮いて食うことが良くあるためです。

しかし、どうしてもツケエが盗られず反応が無い時や、大型を狙いたい時は、ガン玉を打ち沈めて狙います。この時も定期的に仕掛けを張り、誘いとタナの把握はしっかりと行います。そうすることによって、クロがどのタナで食っているかを把握し、次の1尾へ狙いを定めることが出来ます。

また、これは高水温・低水温時共に言える事ですが、同じポイントを狙い続けない事です。定期的に狙うポイントに変えることで、クロを動かして飽きさせないためです。この様な方法で、私はクロ釣りを楽しんでいます。上記以外にも様々な釣り方があると思いますが、自分で考え狙って釣れた時ははとても嬉しく、価値ある1尾となることは間違いありません。これから更に水温が下がり、良型クロの活性も上がって来ると思われますので、皆さんも参考にしてはいかがでしょうか!

T・CLUB/藤本祐一郎・記

筆者のタックル

つり太郎WEB内を検索

バーコード