TOP ≫ 磯TOP ≫ 釣行記事

釣り場 : 大分県

Writer : 編集部

Residence : 大分市

Club :

Pride :

米水津で寒グロ狙い

2021年 1月 3日 9時頃

最近は、寒暖の差が大きくなっており、初雪の便りも耳に入って来ています。海の方も水温が20℃を下回るとクロがよく釣れるようになります。いよいよ2021年のクロ釣りシーズンが開幕です。船が新しくなった米水津の「功明丸」さんにお世話になり、鶴見半島側に位置する「トリノス」に上がる事ができました。仕掛けは、道糸に東レ「銀鱗スーパーストロングNEO/1・5号」、ハリスも同社の「トヨフロンスーパーハードL/1・5号」、ウキは釣研「エイジアマスターピース/01」、ハリはヤイバ「プロフェッショナル/4号」にして、開始することにしました。

浮いて食うと察しているので、上からゆっくり探っていく作戦。釣り座の潮は、左から右にゆっくりと流れて行きます。風は正面から吹いており、マキエを足元に入れると、良型のクロがすでに乱舞しています。エサ盗りは居ますがクロの活性が高いので、エサ盗りを散らしてくれます。

マキエと仕掛け、ツケエを同調させるとウキが一気に消し込まれ、アワセを入れます!重量感があり、すぐに良型を確信できました!タモ入れしたのは良型グロでした。パターンを掴めば1投1枚で良型がイレパク状態。5枚釣った位からサイズやウキのアタリが小さくなり始めたので、ここで1時間ほど場所を休ませます。

再開すると再び良型がイレパクになります。休む→再開する、休む→再開するを繰り返して数を伸ばしていますが、サイズが落ち始めると良型は沈み、小さいサイズが上がって来ている様です。アタリも小さいので最近、発売されたばかりの釣研「スリムグレ/0号」を使用します。このウキは、遠投もできて逆光でも分かりやすいので、私のお気に入りとなっています。

足元にマキエを入れて、「スリムグレ」を遠投し、泳遊力のある良型を沖に走らせます。「スリムグレ」が小さいアタリを捉えたのでアワセを入れると、重量感のあるクロが掛かりました。小さいアタリを捉えてくれるので、アワセをバシバシ入れますが、生き物相手の魚釣りそう簡単には掛からなく、素バリも沢山引きましたが、それでも「スリムグレ」のお陰で釣果を伸ばす事ができました。

釣ったクロを捌いてみると、お腹周りが脂でギトギトでした。これからハイシーズンに突入です!十分なコロナ対策とマスク着用で楽しい磯釣りをされて下さい。この模様はユーチューブ「鯛チャンネル」にもアップしているので、ぜひご覧下さい。

釣研FG東九州支部/TFT九州/TEAMヤイバ大分支部/高橋鯛企・記

筆者のタックル

つり太郎WEB内を検索

バーコード