TOP ≫ 筏/川/ルアーTOP ≫ 釣行記事

釣り場 : 大分県

Writer : 編集部

Residence : 大分市

Club :

Pride :

新年一発目の初釣りは、メバル狙いで…?

2021年 1月 19日 12時頃

1月19日、小潮。少し遅いですが、明けましておめでとうございます。今年も宜しくお願い致します。新年に入って大雪に見舞われたり、コロナが猛威を振るったりと大変ですよね。そんな暗いニュースを吹き飛ばすため、釣りに行ってきました。新年最初の釣りは、どこに何釣りに行こう?やはり、私の釣りの原点である地元の国東半島で釣り初めだ。と言うことで、たぶん活性が上がっているであろうメバルを狙いにホーム国東半島に行ってきました。タックルは、無難なジグヘッド単体での釣りです。

■メバリングの教科書に出てきそうなポイント…常夜灯、テトラ、藻場、潮通しとメバリングの教科書に出てきそうなポイントです。先月は、ここでオイシイ思いが出来たので期待大です。しかし、釣り場に着くと常夜灯が消され、真っ暗です。最近の釣りブームのせいで釣り人が増え、マナーの悪い人も増えたと言われています。その影響で消されたのかな?皆さんも夜釣では騒がず、ゴミは必ず持ち帰りましょう。ランガン。

■潮通しの良い外海側の堤防…常夜灯、潮通し、足場良しと1級ポイントとまではいかないですが、私的には好きなポイントです。先行者も居ないので早速準備して投げてみます。キャスト→着水→任意カウントダウン→リトリーブでプルッっと来ましたがアワセれずです。再び同じポイントにキャストし、リトリーブすると今度はヒットです。結構良い引きします。固めに閉めてるドラグがジー、ジーと鳴りラインが出ていきます。これは、尺メバルか?やっとの思いで手前まで寄せると銀色の大きな魚体が見ました。そうです、奴です。釣れたのは、我が宿敵のセイゴでした。まあ、セイゴより少し大きいフッコサイズでしたので、引きは楽しめました。しかし、ジグヘッドを喉奥まで飲み込んでいたので、ジグヘッドを外せませんでした。これだから、嫌いなんですよね。でも、なんだかんだ言っても、釣れてくれたので嬉しいんですがね(笑)。

今度は、本命のメバルを狙ってキャストしてみます。キャストからのリトリーブで、再びプルッと来てヒットです。でも、メバル独特の下に下に引く感じではないです。釣れたのは、20cm弱のセイゴでした。ここから、セイゴの猛ラッシュが続きます。1キャスト毎にバイトがあり、およそ2キャスト毎にセイゴが釣れます。セイゴが数釣れると、メバルが釣れないんですよね(泣)。まあ、何も釣れないよりかは、セイゴでも釣れたら楽しいですけどね。ランガン。

■メバリングの教科書に出てきそうなポイント(パート2)…ここも有名ポイントで、昨年の春には良型の数釣りができた良い思い出のあるポイントです。こちらは、常夜灯周りの第1級ポイントには先行者ありなので、少し離れた所でキャストしてみます。キャストからのリトリーブで無反応。無反応からたまにバイトありますが、ヒットには至りません。隣の第1級ポイントでは、1投毎にヒットしてます。羨ましい〜。

隣の光景が気になって集中できないので、ちょっと離れた暗闇ポイントでキャストしてみます。暗闇でも昼間に何度も来てるので、どの辺に藻場があるのかなど、状況は分かります。全く新規の暗闇ポイントに投げるのは、根掛かり頻発して釣りになりませんが、ここのポイントは熟知しています。

それでは、全集中、メバルの呼吸、1の型、フルキャスト。キャスト→着水→任意カウントダウン→リトリーブでプルッっと反応。上手くアワセてドラグがジー。良い引きです。しかも、根魚独特の根に潜ろうと、下に下にと引く感じです。やっとの思いで釣れたのは、20cmオーバーの良型メバルでした。満足の1匹でした。ランガン。

■湾内ポイント…少し風が強くなってきたので風よけのため、湾内の静かなポイントに来ました。潮通しも良くない湾内ですが、侮れないポイントではあります。貸し切りの海に投げてみます。キャスト→着水→任意カウントダウン→リトリーブで、プルッっと反応。しかし、巻きが軽いです。釣れたのは、金魚サイズのメバルでした。再びキャストすると金魚、金魚と、手乗りの小さな金魚メバルばかりです。やはり、湾内に良型が入ってくるのはまだ早いのかな。そう思いキャストしてると、今度はドラグを鳴らさないまでも良い引きです。釣れたのは、20cm弱のでっぷりお腹の妊婦メバルでした。この時期は、妊婦さんが多いですね。春に会う事を約束しリリースです。

再びキャストしてると、また身に覚えるのあるメバルと違う引きです。やはり、釣れたのはセイゴでした。この1匹が釣れた途端、セイゴラッシュが開幕しました。仕方なくセイゴを数釣りすることにしてみました。キャスト→着水→任意カウントダウン→プルッっと反応がヒットせず、再びトゥイッチアクションを入れリトリーブするとヒット!セイゴは、捕食が下手なのか1回のバイトでヒットせず、バイトの後アクションを入れると、ヒットすることがあります。そんなこんなで、セイゴを無我夢中で釣りました。釣っては、リリースを30回くらい繰り返したら、何もバイトが無くなったので納竿です。

今回、釣ってはリリースする時に活躍したのが、プログレの「ジグヘッドリリーサー」です。先月号でご紹介させていただきました「アジミルク」ワームのメーカーが出しているリリーサーです。リリーサーは、私としては管理釣り場での釣りをするので馴染み深いものです。これなら魚を傷めず、手も汚れることなく魚をリリースする事が出来るので重宝します。管理釣り場用のリリーサーと比べるとフックを外す部分が小さい感じがします。このサイズがジグヘッドを外すには丁度良いです。魚を触るのが苦手、手が汚れるのが嫌な方はジグヘッドリリーサーを使ってみるのも良いかもです。

■釣り場国東半島
■釣果セイゴ、メバル
■感想…メバリングの予定でしたが、セイゴが爆釣しました。まあ、初釣りがボウズじゃなかったので良しとしましょう。こんなにセイゴが釣れるならメバル用のプラグ持って行けば、もっと面白かったかもです。次回、最終号はどこに何釣り行こうかな。

筆者のタックル

つり太郎WEB内を検索

バーコード