TOP ≫ 波止TOP ≫ 釣行記事

釣り場 : 大分県

Writer : 編集部

Residence : 大分市

Club :

Pride :

大分沖の船釣りアジ・サバに青物交じり

2021年 1月 31日 16時頃

1月31日、中潮。久しぶりに好天に恵まれ、アジ・サバ釣りに出港したのは大分市神崎漁港の「みくに丸」。時折突風が吹くが、概ね穏やかな波とあり、ポイント到着後から、大アジ、大サバが順調に釣れる。

幸先いいスタートに、ウキウキでリールを巻き、掛かったアジを取り込もうとしたその時、いきなりロッドを締め込む引き…。慌てて体勢を整え、ヤリトリを開始。数度の突っ込みを見せたあと海面に姿を見せたのは8㎏オーバーのブリであった。

「水温が低下してきたので、アジ・サバの群れがまとまってきました。その群れを追って、青物が回遊する時もあるので、それを狙ってポイントを移動することもあります。まずはアジ・サバを釣って、お土産の確保、その後は状況次第で青物狙いにシフトすることも可能です!」とは、船長のコメント。

今釣れているアジやサバは、平均40〜45cmクラスと良型ぞろい。中には50cmクラスの大アジがヒットすることもある。それに7〜9㎏クラスのブリまで釣れれば最高! 後は、天候&潮次第といった状況である。

このアジ・サバ狙いであれば、できるだけ潮が動く日の方が釣れる確率が高い。とは言え、大潮となると潮が速くて釣り難いことも。ベストは中潮周りとなりそうだ。また小潮時にはアラカブ&カマガリ釣りもスタートしている。これから春までは潮によって釣り物が変わるシーズンとなるので、まずは、船長に確認してから釣行計画をたてたい。コロナ対策を万全にレッツゴー!

写真提供=みくに丸 TEL 090・7462・3731

筆者のタックル

つり太郎WEB内を検索

バーコード