TOP ≫ 筏/川/ルアーTOP ≫ 釣行記事

釣り場 : 大分県

Writer : 編集部

Residence : 大分市

Club :

Pride :

しょごたんのルアーフィッシング

2021年 2月 7日 5時頃

皆さんこんにちは!しょごたんです。2月に入り、コレから三寒四温を繰り返し、いよいよ春が近づいて来ますね。最近のしょごたんはと言いますと、本業のバスプロ業の傍ら、時間を見つけては海に繰り出しております!そんな中、最近好釣の釣りがサーフでのヒラメゲーム、そして地磯でのヒラスズキゲームです!凪の海だったらヒラメ、シケの海だったらヒラスズキといった感じで、日々を送っております(笑)。

どちらの釣りもタイミングが非常に重要な釣りです。ヒラメは潮が差し込んでくる上げのタイミングと、満潮から潮が払い出すタイミングでの反応が多発しております!ヒラメの釣り方は低水温が影響してか、スローなワームの釣りが効いていますね!ジグヘッド7〜14gにリズムウェーブ3・8をセットした組み合わせがいい感じですよ!このリズムウェーブは、バス用のワームなんですが、バスだろうが海だろうが、フィッシュイーターの本能を刺激する波動が出ているのか関係なく良く釣れるんです!あっ!大事な事を言ってませんでしたね。サーフでワームの釣りをする時は、波打ち際まで丁寧に巻くことを意識すると良いです!割りかし近くにヒラメが潜んでいるかもしれませんよ…。

サーフゲームのタックルは新作のBRSS106M+がオススメです!リールは3000〜4000番クラスで、ラインはPE0・8〜1・2号にリーダー20〜30ポンドがオススメです。そして、海がシケたらヒラスズキ!こちらは風がぶち当たる海岸沿いにある地磯をランガンしていきます!キーとなるのは、しっかりとサラシがあるか?ベイトがいるか?です。

「サラシとベイト」がリンクすれば、高確率でヒラスズキは付いています。そして、オススメルアーは毎度お馴染みの「フォールトリック」84、103です。波が弱ければ84㎜、波がガチャガチャしていれば103㎜と使い分けてみて下さい!使い方は簡単で、サラシの中をゆっくりと漂わせてながら巻くだけです!もちろん!サラシがより濃く広がったタイミング「だけ」ルアーを投入します。サラシが薄い時に無駄撃ちすれば賢いヒラスズキはルアーをみきりますからね!

そして、ヒラスズキもヒラメと同様、しっかりと潮が動くタイミングを狙う事も忘れずに!…ヒラメもヒラスズキも釣れない…。そんな時は漁港内で小さな幸せを見つけております(笑)。

しょごたんでした!

筆者のタックル

つり太郎WEB内を検索

バーコード