TOP ≫ 波止TOP ≫ 釣行記事

釣り場 : 大分県

Writer : 編集部

Residence : 大分市

Club :

Pride :

臼杵市の波止で寒チヌ狙い!

2021年 2月 10日 11時頃

2月10日、大潮。「波止でぼつぼつチヌとアジが釣れています」と、本誌スーパーアドバイザー・首藤さんから連絡が入った。場所は、臼杵市柿ノ浦港だ。詳しい状況はこうだ。

寒チヌ釣りを楽しみたいと同地へ出向いた首藤さん。いつものように、「円錐ウキ/00」を使用した全遊動釣法で、上からゆっくり仕掛けを送り込む。マキエを打ち始めてから、1時間ほどたつと、徐々に沈黙していた海から反応が返って来た。まずはアジ。体長18〜23cmクラスのアジがぼつぼつと上がり始める。海水は冷たいので、あまり活性は高くない。仕掛けを投入してツケエが底付近に到達する頃に、アタリが出るといった状況。

そのアジに交じり、強烈なアタリを首藤さんの竿を襲う。丁寧にいなし上げたのは体長40cmクラスのチヌ。この日は、アジの釣果に加え、チヌ3枚、おまけのハコフグといった釣果となった。寒のシーズンとしてはまずまず。

実は、15日にも同地へ釣行している首藤さん。その日は、40cmオーバーのチヌ3枚にアジはノーバイト。地元の方の話では「アジは満潮前後にしか釣れない」そうだ。「あまり潮を気にしていないのですが、ここは引き潮の方が釣果が上がっているように感じます。スズメダイなどのエサ盗りが見えるときは、ツケエをボイルに…。エサ盗りが少ない時は、市販の加工沖アミを使用しています。チヌの場合はマキエとツケエの同調はあまり気にしていません。エサ盗りが少なければ、上からゆっくりと仕掛けを落とせば、食い気が出た時にアタってくるといった感じです。ほぼノーガンで流していますが、仕掛けの入りが悪いと感じた時には、G5クラスのガン玉を打って、仕掛けを沈めています」とは、首藤さんのアドバイス。

この時期のチヌ狙いの場合、潮があまり動かず、適度な水深がある波止などでは、こういった狙い方の方が確率が高そうだ。また、アジが活発な日は、チヌが釣れる確率もアップすので、まずはアジが釣れそうな場所を探ってみるのも手だ。

筆者のタックル

つり太郎WEB内を検索

バーコード