TOP ≫ 磯TOP ≫ 釣行記事

釣り場 : 大分県

Writer : 編集部

Residence : 大分市

Club :

Pride :

梅雨グロ(メジナ)のアツいシーズンがキター

2010年 6月 24日 15時頃

午前3時のキック・オフ(出航)。着けた場所は、最近御無沙汰の沖黒「ウドバナ」でした。すると着いてすぐに矢田さんがゴソゴソ夜釣りの準備。「息子からイサキのお土産指令が…」とのこと。自分もそれに乗っかって、夜釣りの準備に取り掛かりました。

今回釣研から出している「シャイニング・ホワイト/5B」を組んで道糸はサンライン「磯スペシャル オ・シャ・レ/2.5号」にハリス「Vハード/2.5号」。ハリはハヤブサ鬼掛「夜尾長グレ/9号」、ツケエはマルキュー「シャキ生/M」を使用して、久しぶりの夜釣りを開始♪ 4ヒロのタナから様子を探ってみようと、瀬際から竿1本程離れた所へ投入。すると、いきなりウキが一気に海中に引き込まれました! 結構な重量感と引きを見せて、久しぶりの夜釣りの最初の来訪者は42㎝のイサキでした(喜)。いきなりのナイスサイズで、勿論タナ決定! 打ち返して狙うとまたもウキが入り、40㎝のイサキと42㎝のアジを追加しました♪ そうしている間に明るくなり始め、更にイサキが掛かりましたが、ぶり上げ失敗×2(反省)。

次はタモを使い大事に取ろうと思い打ち返すと、またもシャイニングが海中に消えて行きました! 竿を起こして寄せようとすると、かなりの重量感!!「こ、これはお化けイサキ か?」と思いながら手前に寄せると、応戦する暇も無く一気に足元の瀬際に突っ込まれ瀬ズレでライン・ブレイク…。大事なウキが、視認性抜群のまま遠くに去って行きました(号泣)。

結構明るくなってきたのでタックルを日中用に替え、朝食を食べに上に行き矢田さんの釣りを見ていると、コンスタントに竿を曲げてオナガ主体で釣っています! 朝食を済ませ、矢田さんに話掛けると普段から温和な表情に磨きがかかり後光を放ちながら、「オナガにズームイン!」とご機嫌の様子でした。後光差す矢田さんに合掌して、あやかり釣法で少し先にある潮目を狙い、仕掛けを入れると、矢田観音様のご利益がすぐにありました! ありがたや〜と寄せて見ると、20㎝ の小ナガでした…。そそくさと海にお帰り頂き、次を狙いますが22〜28㎝クラスの小ナガばかり。竿を置き再度、矢田観音様に参拝に行き信仰厚くお参りすると、矢田さんの竿が大きく弧を描きました!これはナイスサイズ!!相手の激しい抵抗を交わしタモ入れする矢田さんに「またオナガにズーム・インですか?」と聞くと「チャーミンやなくてズーミンでした」との事? タモに収まっているのは45㎝位のズーミン(イズスミ)でした。「ならチャーミン=オナガなんだろう」と、矢田観音様の仏教用語を理解して釣りを再開。するとすぐにアタリがあり、取り込んだのは徳を積んだおかげか、30㎝のオナガでした(喜)。それからはサイズが上がり30〜35㎝の8割オナガ(チャーミン)、1割5分口太、5分イズスミ(ズーミン)位の比率で、満ち潮の時はコンスタントに釣れていました。

11時頃、船の音が聞こえてきてホースヘッドには見たことのあるシルエットの人間が何やらこちらに叫んでいる。「仲間にい〜れぇ〜てぇ〜!」と朝に話した森田君が登場しました(驚)。年の順に並び、森田君は東のサラシ寄りに入り自分が真ん中、矢田さんが長ミゾ寄りに並び再開♪遅れてきた森田君は気合い充分第1投で…、「キターーーー! やっぱり、グレ釣り楽しい〜!」と叫びながら引きを堪能して上がってきたのは32㎝のオナガ(チャーミン)でした。これを口火に矢田観音様の竿も弧を描き35㎝の口太ゲット!左右の鬼アワセ名人に気後れしながら、自分の道糸がズドーンと一直線! 竿を起こすと既に相手は急速潜航(焦)。動く方向に竿を倒して何とか詰めにかかると、手前に来てもしぶとく抵抗を続けます! 瀬際での攻防を無事に制して取り込んだのは、38㎝のオナガでした。皆で次々と竿を曲げて、皆ニコニコ♪ 納竿間際に森田君が竿を大きく曲げました!少し深めで食った相手は手前に向かって突っ込み、深場でのヤリトリ。瀬際に逃げる相手を凌ぎきり、タモに入れたのは40ジャストの口太でした♪

帰港すると各磯もまずまずの様子(喜)。遅れていたグレもやっと動き出したみたいです。夏目前の盛り上がりに、皆様も磯に行かれてみてはいかがですか?

チーム鬼掛・MFG九州/村中浩司・記

筆者のタックル

つり太郎WEB内を検索

バーコード