TOP ≫ 磯TOP ≫ 釣行記事

釣り場 : 大分県

Writer : 編集部

Residence : 大分市

Club :

Pride :

深島51cm口太

2010年 7月 1日 14時頃

お昼過ぎ、古長さん一行は瀬渡し船「三幸丸」(蒲江猪串浦)で深島へ。「ウスバエ」に上礁し、イサキ狙いの準備に取り掛かる。遠投カゴ仕掛けをセットし、仕掛けを投入。潮の動きは極めてゆっくり、手前よりも沖でいくらか流れが速い。できるだけ遠投を意識して、仕掛けを投入(タナは竿2本〜2本半)。ウキが馴染んでから大きく竿を起こして、カゴを反転させるとすぐに、ウキに鮮明なアタリが出た! 手応え十分、イサキであれば、なかなかの良型であるはず…。ウキ、反転カゴが海面を割ると、薄らと魚影が浮き上がった。体長40㎝を優に越える、でっぷりと太ったイサキの登場だ!

大事にタモ入れして、仕掛けを打ち返すと、30㎝前後を主体にイサキのアタリが連発。時々サンバソウやイズスミが交じるが、気になる程ではない。夕方には、古長さんに51㎝の特大口太がヒットし、夜釣りへ突入。潮が上げに替わったが、日中程イサキのアタリが続かず。しかし外道が姿を消し、アタリはほとんどイサキであった。朝までにイサキの数釣りを楽しみ、納竿した古長さん一行でした(釣果は1人、30匹前後)。

「イサキがよく釣れています。最近はカゴ釣りよりも、フカセの方が型が良いようです。フカセでは海面からマキエを打つので、大きいイサキから順番に食い上がっているのかもしれませんね。イサキ釣りで注意したいのは、同礁した釣り人に仕掛けを合わせること。カゴとフカセが一緒に竿出ししたら、カゴ釣りばかり釣れて、フカセで釣れないことが多々あります。イサキは卵を持っており、しばらく食いが続きそうですよ」(三幸丸船長)。

7月は磯で、乗っ込みイサキ釣りを楽しんでみませんか? 美味しいイサキを食べて、夏バテ解消、ストレス解消!

取材協力:三幸丸 TEL0972・42・0364

筆者のタックル

つり太郎WEB内を検索

バーコード