TOP ≫ 磯TOP ≫ 釣行記事

釣り場 : 大分県

Writer : 編集部

Residence : 大分市

Club :

Pride :

クロ釣り選手権

2009年 11月 15日 0時頃

「2009釣研FGクロ釣り選手権大会」(主催・釣研FG)が、大分県下の各磯を舞台に開催された。大会参加選手達は佐伯市番匠川河川敷に設置された本部で受付後、それぞれ釣り場へ向かった。明朝、大会本部に入る各釣り場の情報は、どこも苦戦が伝えられた。その主な原因は、強風とクロの低活性。困難な状況を制したのは…?

44・6cmのクロを釣り優勝したのは、東九州支部の木村真也選手。上礁したのは、蒲戸の「二つバエ」であった。
「毎年今ぐらいの時期に大型の出る場所。以前にここで、口太の自己記録を更新しました。午前7時前から竿出し。下げ潮が走っていて、『ヨージンバエ』への引かれ潮を狙いました。先打ちマキエにツケエを合わせるイメージで流すと、1投目から道糸が弾け出て優勝魚を釣ることができました。その後も中型主体にクロが釣れ続けましたが、風が強くなって危険を感じたので午前9時に引き上げました。使用ウキは『エイジア』。潮を受けやすい形状で、ウキの入る速度や角度で潮の具合を視認しやすい。低重心なので投入時のバランスがよく、遠投可能。感度もよく、愛用しています。強風での釣りは、ウキ以外にも、マキエのコントロールも大切です。釣研ヒシャク『フロートマスターチタンMH75』は、軽量でヒシャク離れがよいです。特に、グリップのフィット感が柔らかくて手に馴染み、釣行時の腕の疲れが激減しました。以前は木のグリップで手がマメだらけでしたが、それが全くなくなったのもありがたいです。クロ釣りではMH(ミディアムハード)、チヌ釣りではH(ハード)と使い分けて重宝しています」(木村選手)。

最後に大会参加選手、役員、関係者の皆様、お疲れ様でした。

筆者のタックル

道糸:1.5号

円錐ウキ:釣研エイジア0α

ハリス:1.5号7m

ハリ:5号

つり太郎WEB内を検索

バーコード