TOP ≫ 磯TOP ≫ 釣行記事

釣り場 : 大分県

Writer : 編集部

Residence : 大分市

Club :

Pride :

秋オナガ(クロメジナ)への誘い

2010年 9月 10日 11時頃

沖黒島では30〜40㎝級主体にオナガの魚影が濃く、一部の釣り人達は猛暑の中、足繁く通ってその引きを楽しんでいた。9月に入り涼しい北風の吹く日も増えて、ようやく誰もが楽しめる環境が整いつつ有る。さあ、磯釣り道具の準備をして、オナガを釣ろう!9月10日、大潮。午前11時30分、瀬渡し船「政進丸」(米水津竹ノ浦)で沖黒島「長ミゾ」に上礁。9月とはいえ相変わらず日差しがきついが、北東風が心地よく肌を通り抜けるので、マキエの準備をしていても汗が吹き出る程でない。弁当で腹を満たしてゆっくりしてから、午後1時に竿出しした。マキエは沖アミの生4角に集魚剤を1袋(ダイワ「全層グレ」)。集魚力が強い集魚剤は、真夏のエサ盗り天国ではその効力が効き過ぎてしまい、海一面が小魚の絨毯になることがある。かといって沖アミの生だけだと手前しかマキエを打つことができないので、沖アミの粒をある程度固められる程度に配合した。これならば沖アミを潰していない状態でも無風状態であれば、10m先を狙って打つことが可能だ。仕掛けはハリス1・75号、ハリは「オーナーばり/喧華グレ7号」。タナを1ヒロの半遊動に設定。

足元のマキエに真っ先に反応したのはコガネスズメダイ、イズスミ、イワシなど。沖のマキエにはイワシの群れが集まっているが、そこに投入した仕掛けのツケエは残っている。表層が右流れ、ウキが馴染むとゆっくりと「ビロー下」方向へ仕掛けが流れる。追い打ちマキエを被せると、勢いよく釣研「グレイズ/G6」が海中へ引き込まれたと同時に手元から道糸が弾け出た。が、手応えはそれ程でない。ダイワ「メガディス/1.85号」が足の裏大のオナガを海面で跳ね上げる。それを見て先端でイサキを釣っていた城本さんが、船着きに釣り座を構える。

午後2時を過ぎると、底潮が右方向へしっかり流れ始め、オナガのアタリの間隔が徐々に狭まる。型は大きくても35㎝までで、夕方まで大型は出ないかと思っていたら、アワセと同時に「ドーンッ」と猛烈な衝撃に手元を襲われる!「メガディス/1・85号」が根元から湾曲、最初の一撃を凌いだが2度目で痛恨のラインブレイク(高切れ)。それで道糸を2・5号に交換。仕掛けを組み直していると、城本さんが「がま磯/インテッサGⅣ/1・25号」を左右に振り回しながら、オナガとの大ヤリトリを始める。これまでより型がよいようで、瀬際で海面付近まで浮かせてから魚が落ち着くまで、かなりの時間を要している。激しく波飛沫を上げるオナガ、体高がありでっぷりとしている…。無事に上がったオナガは、納得の40㎝オーバー(41㎝)。

久々の良型オナガとのヤリトリに興奮覚めやらない城本さんは、まだその数がいると確信し即座に仕掛けを打ち返す。釣研「エキスパートグレZ/0C」が潮に馴染んだと同時に、ハリから1mの位置にセットした「フカセからまん棒」が一気に走る!「ゴンッ」と手元に衝撃が走ると同時に、痛恨の高切れ。城本さんは道糸を1・75号から2号へサイズアップすることにした。大型オナガを意識して互いに仕掛けを太くしてから、オナガの活性がダウン。その後は午後6時過ぎまで、30㎝大までを追加。30〜41㎝オナガを2人で20枚強を釣って納竿した。

沖黒島では7月から安定してオナガのアタリが順調、この最大の要因は例年であれば大量発生するゼンゴの姿が全くないことが上げられる。それに加え、以上に高い海水温が南方系のオナガの食いを後押ししているのもあるだろう。この調子で行けば、磯が過ごしやすくなる10月以降もそのアタリを期待出来るのかも?オナガ釣りの盛り上がる、沖黒島からのレポートでした。

筆者のタックル

つり太郎WEB内を検索

バーコード