TOP ≫ 波止TOP ≫ 釣行記事

釣り場 : 大分県

Writer : 編集部

Residence : 大分市

Club :

Pride :

使って納得!マルキュー「パワーイソメ」でカワハギ釣り

2010年 9月 25日 11時頃

9月25日、大潮。大分市内でのハゼ釣りを計画したが、前日丹生川で竿出しした知人情報では﹁ 上流はシバチン、河口部はクサフグだらけ﹂とのこと。それならばキス釣りをと思ったが、北西風が激しく別府湾向きでは竿出し不能⋮。そこで、北西風が風裏となる佐賀関一尺屋下浦港へ向かった。

正午、現地到着。風は吹いているが十分竿出し可能で、嵐の別府湾に比べれば「天国」と言ってもよい程。チョイ投げ仕掛けを組み、ツケエはマルキュー新商品「パワーイソメ/茶イソメ」を準備。「パワーイソメ」はゴカイを模した生分解性の人工エサなので、釣り道具に入れておけば、いつでもルアー釣り感覚でゴカイを使用する釣りを楽しむことができる。

さて、封を開けると、意外と臭いがしない。この手の人工エサは液が強烈な臭いを発するのだが、臭いは比較的マイルド。手触りはゴカイの様なヌメリと弾力で、魚も本物の虫と間違えてしまいそうな程の完成度。本物のゴカイであればウネウネと動き回るのでハリに刺しにくいが、これならば全く動かないので一発でハリに納まる。さあ、期待の1投目…。

石積みの波止の先端から、イカダ方向へキャスト。仕掛けは30m程飛んでいるだろう。糸フケを取り、1秒1回転のペースでリールを巻き仕掛けを寄せる。沖では反応がないが、足元付近でコツコツと激しいアタリ。リールを巻き込むとチャリコが﹁パワーイソメ﹂を口いっぱいに詰め込みながら上がって来た! その後もチャリコが連発、時々ベラが交じる。魚が食うのは分かったが、今日は一尺屋名物・カワハギを釣りたい。波止の先端から5m ほど離れ、再び竿出しする。今度はチャリコよりもやや沖でアタリを捉えるが、ハリ掛かりしない。仕掛けを回収すると、1本掛けしていた﹁パワーイソメ﹂が半分まで齧られていた(「パワーイソメ」を食べた魚を食べても大丈夫です)。今度は「パワーイソメ」をハリのサイズに千切って、再度投入。注意深くアタリを取っていると、穂先に僅かなアタリ。即アワセすると、ガツッ、ガツッと心地よいリズムが伝わる。リールを巻き込むと、迷彩柄のような縞模様に彩られた、大本命のカワハギが上がって来た! 型は10㎝弱だが、釣れたのがうれしい。「パワーイソメ」でも、充分にカワハギが釣れるのだ!その後もカワハギのアタリが続き、2時間で15枚を釣って納竿した(キープ7枚)。

急に虫エサが必要な時、「パワーイソメ」を道具箱に入れておけば、いつでも準備オッケー。特に、磯周りではマキエに大型カワハギが集まるので、クロの釣れない時間帯に「パワーイソメ」でお土産釣りをしてみるのもよいでしょう。みなさんも、「パワーイソメ」を常備してみてはいかがですか?

本誌/形田・記

筆者のタックル

つり太郎WEB内を検索

バーコード