TOP ≫ 波止TOP ≫ 釣行記事

釣り場 : 大分県

Writer : 編集部

Residence : 大分市

Club :

Pride :

鶴見「テッポウのハナレ」で50㎝オナガ出た!

2010年 9月 26日 10時頃

9月26日、大潮。夜明け後の遅い便で、鶴見半島へ向かう。前日からのウネリが少し心配だったが、日頃の行いが良かったのか(笑)、ウネリがほとんど取れていた。「テッポウのハナレ」に上礁、テンションMAXでマキエ(沖アミ生4角+マルキューV9)と、仕掛けの準備に取り掛かる。マキエを打ち海の様子を見てみると、足元に無数のコッパグロが湧いて来た。マキエでコッパグロを足元に寄せて、竿1本半先にマキエを1パイだけ打ってから仕掛けを投入。仕掛けが馴染んで、ツケエが3ピロくらいに届いた頃、竿引きのアタリに襲われる!「いきなり本命が登場か?」しかし、ヤリトリを開始してすぐにまさかのチモト切れ…。1投目からアタリがあるとは、幸先が良いと思ったが、その後しばらくはアタリが続かず…。

しばらく仕掛けを打ち返しながら潮待ちしていると、潮が左流れから右流れに替わってすぐに、足元のコッパグロが一斉に姿を消し、その代わりに現れたのがオナガの群れ! これはチャンスだ! マキエとツケエが2ヒロで同調するように、慎重に打ち返す。すると、ハリスが馴染んだ時にフカセからまん棒が一瞬で引き込まれた! それと同時にアワセを入れると、ハリが掛かった瞬間に一気に足元へ突っ込んだ! オナガ独特のもの凄い引きが体全体に伝わって来る。足元の沈みへ潜ろうと、何度も何度も突っ込んで来るが、その力に決して負けないよう、竿を握り締めてひたすら耐える。これだけ応戦してもチモト切れしないということは、ハリを飲まれていないと判断し、これまで以上に強引に、強気のヤリトリを展開する。馬力が弱まると、ようやく海面に姿を見せて横泳ぎ。その姿は見事にきれいな茶ブルーの大型オナガであった! 慎重にタモ入れが成功すると、歓喜の雄叫びが爆発してしまった。

体高があり、これまで自分が釣ったオナガのどれよりも、大きくて長い。スケールを当ててみると、なんと50㎝であった! ヤリトリの最中、ハリスが1・75号であったので、瀬切れやチモト切れの恐怖に襲われて手が震える瞬間がありましたが、弱気にならない様に気持ちを奮え立たせて、強気一辺倒で攻めることができたこと、ハリがジゴクにしっかり刺さっていたことが、大型オナガを穫ることをできた大きな要因だと思います。このオナガを釣ってからは、ハリスを2号にサイズアップし、更なる大型を目指します。時合いが続き45、43、41㎝のオナガを3枚追加し、夕方納竿しました。まだまだ秋のオナガ狙いを楽しみたいです!追伸・9月30日、「テッポウ」で48㎝オナガを釣りました!

筆者のタックル

つり太郎WEB内を検索

バーコード