TOP ≫ 波止TOP ≫ 釣行記事

釣り場 : 大分県

Writer : 編集部

Residence : 大分市

Club :

Pride :

メッキアジ デイゲーム好釣!

2010年 10月 7日 5時頃

10月7日、中潮。朝まずめと言えば魚の活性が上がる時間帯であるが、我が家の猫も高活性。もう少し寝ていたい気持ちなどおかまいなしに暴れ回る。しかし、筆者の朝は何も猫に悩まされてばかりではない。最近は朝食に決まって出てくる魚のひらきが楽しみで、我が家の猫もこれには興味津々。実はこの魚、近所の堤防から誰でも簡単に釣ることが出来るので後ほど釣り方を紹介したい。いや〜それにしても本当に美味い(笑)。

さて、今回のターゲットはメッキ。全国的にもライトゲームで親しまれる魚だが、メッキとは、ギンガメアジ・カスミアジ・ロウニンアジなどの幼魚を総称してメッキアジ、それを略してメッキと呼ぶ。つまりオフショアのビッグゲームで親しまれるGTの幼魚もこれにあたるのだが、この辺で釣れるメッキは冬になると水温低下で死んでしまう。そのため、手の平サイズが主体となるが、大きさの割に引きが強く、食味も良い。また、数釣りも楽しめるというまさに三拍子揃った魅力的なターゲットだ。

やってきたのは臼杵港フェリー乗り場。海添川から導流堤にかけてを狙う。時合いは潮が下げ始めて海添川の水が流れ出す頃、また潮位に関係なくまずめ時は活性が上がり、ナブラが発生することも珍しくない。特に日没後からの数分はチャンス大となるので気合いを入れて臨みたい。釣行当日も夕まずめ一本勝負ということで17時頃からキャストを開始した。まずはメッキが岸に寄っていないかとミノーで探るも反応がない。接岸していれば数匹の群れでチェイスしてくるのであるが、どうやらポイントが遠い様子。通常、こんな時はメタルジグに替えて遠投するのだが、僕の場合はあらかじめ竿を2本用意しておき、手前用と遠投用で使い分けている。このメリットとしては、ルアー交換の手間が省けることはもちろんだが、例えばメタルジグを手前まで引いた時にメッキの群が付いて来た場合、手前用のタックルがあるのと無いのでは釣果に大きな差がつくのである。逆をいえば、メッキを寄せるためのツールとして遠投用のタックルがより効果的に活用できるという相乗効果も生まれる。

普段なら時合いでなくても、この使い分けでコンスタントに釣果が出るのであるが、この日は沖の魚も低活性。釣れるのはシマイサキとセイゴばかりで、メッキはまだ2匹と今ひとつ。眩しいばかりの夕焼けとともに刻一刻と時間は迫るが、釣れない日であっても日没後だけは絶対の自信がある。缶コーヒーを飲みながら静かに時を待つ。やがて日も沈み「そろそろか」と釣り座に戻ると、沖でナブラが発生! おそらく正体は…。そそくさと遠投用タックルを握りメタルジグを撃ち込むと、案の定メッキの群れがチェイスしてきた。目で見えた魚影だけでもかなりの量である。これを手前用タックルで次々と仕留めていく。「ジィーッ!」と鳴り響くドラグ音、ライトタックルで狙うメッキの引きは病み付きになる。いつも見かける散歩中のおじさんも思わず「兄ちゃん漁師なえ!?」と足を止めるほど連発。1キャスト1ヒットの状態で暗くなるまで釣れ続けた。20匹ほど釣り上げたところで納竿。

今回も大漁となったこのメッキアジだが、一度見切ったルアーにはなかなか反応しない。数釣りのコツとしてマメにルアーチェンジすること、そして手前まで追ってきた時に軽くトゥイッチを入れ、食良型の本チヌをゲット!わせの間を与えることである。そのため、ルアーはなるべく多めに用意しておこう。みなさんも是非、その引きとゲーム性の高さを体感していただきたいと思う。

筆者のタックル

つり太郎WEB内を検索

バーコード