TOP ≫ 波止TOP ≫ 釣行記事

釣り場 : 大分県

Writer : 編集部

Residence : 大分市

Club :

Pride :

神崎海水浴場で渚チヌ45㎝を筆頭にメイタサイズが爆釣!

2010年 9月 30日 9時頃

9月30日、小潮。もうそろそろアジ・チヌが釣れるのではないか…。雨が降っているが午前中で上がるという天気予報を信じて、神崎海水浴場にカッパを着て、妻と二人で出掛けてみた。浜には人の姿は無く、早速準備開始。マキエは、沖アミ生にマルキューの「日本海」と「波止チヌ」をブレンドし、硬めに仕上げる。ここでは遠投釣りになるので、ウキは視認性に優れた釣研「T‐ACE」、ヒシャクは「マックフロート75M」を使用。12時頃の満ち8分位に釣り開始。流れは右流れで、タナを2ヒロ弱に調整して25〜30mの沖目を狙う。数投目にして、「スー」とウキが消えるアタリ。大アワセすると、強烈な引きであったが痛恨のバラシ。横で「来ましたよ!」と妻の声に振り返ると一目で良型と分かる程、大きく竿を曲げている。しばらくヤリトリして、沖目の方で「ゴボー」っと浮いたのは45㎝級の黒々としたチヌ。一発でタモ入れも成功!

その後、潮・雨・濁りと三拍子揃い、一投毎にメイタ・チヌがアタって来る。25〜38㎝級がまさに入れ食いとなり、このまま行くと一時はどうなるのかと驚いていたが、二人で10枚程釣ったところで、満潮を迎えてアタリがピタっと止まってしまった。引き潮に変わってからは、エサ盗りが出始めた。ボラ、手の平サイズのクロがアタったかと思ったら、35㎝のセイゴが沖アミ生に食い付き、エラ洗いをしながら上がって来た。この頃から雨も上がり、数人のルアーマンの姿もチラホラ見え始めた。午後3時まで竿を振ってみたが、20㎝級のメイタ、キビレ、ヘダイのオンパレードで、釣ってはリリースの連続となったのでここで納竿。

結果、25〜45㎝級のメイタ・チヌを二人で15枚程釣っており、本命のアジは出なかったが今後も楽しみな釣果を味わい、一年振りの渚釣りに満足して、神崎海水浴場を後にした。明野荒磯クラブ/仲國勝・記

筆者のタックル

つり太郎WEB内を検索

バーコード