TOP ≫ 船TOP ≫ 釣行記事

釣り場 : 大分県

Writer : 編集部

Residence : 大分市

Club :

Pride :

釣り納めは、アジ釣りに決定!

2009年 11月 26日 16時頃

アジ・サバ狙いに向かった、船釣り専門船「釣吉丸」(大分市家島)。北からの強風続きで沖に出れない日が続いていたが、11月下旬からはその風が落ち着き、アジの釣果が上向き始めた。そんな好釣ムードの中、「釣吉丸」は目的のポイントに到着した。

仕掛けを投入してマキエを効かせると、2〜3投目からほぼ全員の竿が曲がる! 始めは1匹ずつ上がっていたアジが、ダブル、トリプルと鈴なり、多い時は「8本バリに、7匹掛かった」との釣り人も! 仕掛けが海底に落ちる前に、サビキにアジが乱れ食う大盛況で、船長の指示ダナの中層で、確実にアジがアタリ続ける。アジの高活性時は1匹ずつ釣り上げるのでなく、複数ハリ掛かりさせてから、仕掛けを巻き上げるのが効率よい。そこで、アジを複数掛ける釣り方をアドバイス!

まずは、船長の指示ダナに仕掛けを落とす。マキエを撒くとすぐにアジがヒットするが、ここで慌てて仕掛けを回収せずに、2m程度巻き上げて待つ。高活性時はその動きが誘いになり、アジが追い食いして来るはず。アジが追い食いしたら、穂先が跳ね上がり糸フケが出来るので、それを合図に仕掛けを回収すると、アジが5連、6連の鈴なりで上がって来る。

今年最高の数釣りを達成した「釣吉丸」、船着きにはその連絡を受けた釣友達がそのお裾分けにありついたのでした(本誌記者も含む)。

「強風続きで出船出来ない日が続いていましたが、天候の合間を見てアジの群れの調査をしていたので、風が落ち着けば間違いなく釣れると確信していました。群れが大きく活性が高いので、年末まで釣れると思います。アジ主体ですが、潮によってはサバの交じる日があります。魚の活性が高く、サビキが痛みやすいので、仕掛けを多めに準備して下さい」(釣吉丸船長)。

釣り納めは、アジ・サバ釣りで!

取材協力:釣吉丸 tel090・3011・3054

筆者のタックル

つり太郎WEB内を検索

バーコード