TOP ≫ 波止TOP ≫ 釣行記事

釣り場 : 大分県

Writer : 編集部

Residence : 大分市

Club :

Pride :

ヤエンで1.3㎏モイカ(アオリイカ)

2011年 1月 2日 13時頃

1月2日、中潮。毎年2日は九重町に帰省するのだが、今年に限っては積雪と路面凍結の影響でその恒例行事が取りやめ。「さあ、退屈だ…」と思っていると、釣友からモイカ釣りのお誘いメール。もちろん、釣りへ行きます!午前4時、津久見市千怒崎の松下さんでゼンゴを購入し、日代港へ向かう。内波止の先端に釣り座を構えて私はヤエン、釣友は泳がせでモイカを狙う。ゼンゴを投入してすぐに、グワングワンとヤエン仕掛けの竿がしなる。モイカの登場だ! ダイワリール「アオリマチック」の二段ドラグを「泳がせ」→「やりとり」に切り替え、リヤドラグを徐々に絞りながらモイカを寄せる。ラインの角度から察するに、モイカをかなり寄せたはず。

竿を寝かして道糸を手繰り寄せて、ヤエンを投入。竿が曲がらない程度にラインを張っては緩めるを繰り返し、モイカまで到達した頃合いを見計らってアワセ! 竿が胴から湾曲し、手元にはグーングーンとモイカの引きが伝わる! 慎重にタモ入れしたモイカは、500g 級。なかなかの出足だ。するとその横で、ウキがモワッと引き込まれる。釣友が糸フケを取ってから、ビシッと鋭いアワセを入れると、掛けバリには300g級の小型モイカが引っ掛かった。その後は泳がせ釣りに小型が2連発、ヤエンにはその倍以上アタリがあるが、ヤエンが掛からず…。潮止まりに釣り場移動することにし、上浦の福泊へ移動した。ヤエンでは7回のアタリ、1パイを獲得。泳がせでは4回のアタリ、3バイを獲得。ここでは、泳がせ仕掛けには全くアタリがなかったが、ヤエンにはアタリが連発。魚の様なアタリであったが、念のためにヤエンを投入してみて引き寄せる。モイカ独自のジェット噴射はないが、重量感がたっぷり。「もしかして、チヌ?」かつて臼杵市黒において、ヤエン仕掛けで56㎝チヌを釣ったことを思い出していたが、海面を割ったのは、どデカイモイカ! その瞬間からモイカが暴れまくったが、慎重に時間をかけてヤリトリしてタモ入れ完了(帰ってから量ると、自己記録の1・3㎏でした!)結局、午前11時に納竿し、ヤエンでは5回のアタリ、3ハイを獲得。泳がせではアタリ、釣果共に0。トータル/ヤエン3バイ、泳がせ3バイの引き分けでした。

帰りの道中、この日の反省会。●日中、泳がせで不発だったのは、モイカの警戒心が高くなったからであろう。●泳がせ仕掛けはハリスを1・5号、掛けバリはSサイズで一段バリまで落とした方がよいだろう(この日はハリス3号、二段バリ)。●風がある時は、ヤエンは不向き。まだしばらく、ヤエンvs泳がせでモイカ釣りの研究に努めたい。本誌/形田・記

筆者のタックル

つり太郎WEB内を検索

バーコード