TOP ≫ 磯TOP ≫ 釣行記事

釣り場 : 大分県

Writer : 編集部

Residence : 大分市

Club :

Pride :

深島寒グロ大型頻発中

2011年 1月 29日 13時頃

1月29日、若潮。大分市の首藤さんは深島の「シビウド」に上礁し、早朝から竿出しした。早朝、潮は左方向へ極ゆっくりと流れていた。「シビウド」での左流れは「上り潮」と言われる本命潮、早朝からクロの釣果に恵まれることを首藤さんは予感した。ノーシンカーで仕掛けを投入したが潮馴染みが悪いので、フカセからまん棒の下にG6のガン玉を追加する。これにより仕掛けの馴染みがよくなると、今度は仕掛けの張り具合に注意を払いながら穂先に視線を集中させる。張り過ぎないよう、弛め過ぎないよう、パラパラと糸を出し続けると途中で穂先から垂れた糸が「ピンッ」と跳ね上がった! それと同時にアワセを入れると、手元にグーンとクロの重量感が伝わる。ヤリトリを楽しんで35㎝級を釣り上げた。全遊動仕掛けなので不確かだが、タナは恐らく竿1本強位ではなかろうか? 同様のパターンで中型口太をポツポツと釣り上げ、午前9時頃にこの日最大の45㎝級口太を追加。お昼頃からは風が強くなりアタリを取るのが困難でペースダウンしたが、午後4時までに45㎝を頭にクロを8枚キープした首藤さんであった。

「寒グロ化が進んでいるとはいえ、今日は糸を張った状態でタナとマキエが合えば、明確なアタリが出ていましたよ。グレバリ5号(オーナーばり「元輝グレ/5号)でも食い渋りがなく、よくハリに掛かっていました。釣ったクロはどれも腹がパンパンで体高があり、寒グロらしい姿でしたね。沖の方で浮きグロが見られますが、釣れるクロは割と深めでしたね」(首藤さん)。今後の状況について、「三幸丸」船長に話を聞いた。「今週は黒潮の流入により、海水温が上昇しました。そのおかげで、数も型も割と出ていましたね。今後も日ムラ、場所ムラが続きながら、黒潮の動き次第で活発化する日があるでしょう。長期予報では2月の気温は例年並のようなので、急激な海水温低下がないと予想します」。

なお、人気のモイカ釣りについては、依然として竿頭は型揃いで軽く2ケタを釣っています。モイカ釣り愛好家にとっても目が離せない、深島からのレポートでした。
取材協力/三幸丸TEL0972・42・0364

筆者のタックル

つり太郎WEB内を検索

バーコード