TOP ≫ 船TOP ≫ 釣行記事

釣り場 : 福岡県

Writer : 編集部

Residence : 大分市

Club :

Pride :

壱岐・対馬で「クロマグロ」

2011年 1月 22日 14時頃

1月22日、小潮。う〜ぅ寒っ! 最近はとことん寒くなりましたね〜。子育てが忙しいのも重なり、釣りから足が遠退く中、知人の山口さんから「マグロ釣り行かんかえ〜?」とのお誘い。夏場限定でジギングに通っていますが、今回は更に大物のマグロを釣るということで、何事も勉強と思い同行する事に。もちろん初体験の釣りのため、準備も悩みまくり。しかし、なんとかトライできる準備をして、待ち合わせの米良ICへ。私を含む「ビッグワンクラブ」のメンバー7名にて高速道路をひた走り到着したのは福岡県博多港。ここから「日吉丸」に乗船して、目指した釣り場は長崎県壱岐・対馬の「七里ヶ曽根(しちりがそね)」。ここは対馬海流(暖流)と日本海流(寒流)がぶつかり合う、水深100m、周囲28㎞もの大陸棚がある場所。プランクトンが大量に発生するので、小魚が集まりそれを捕食する大型魚が回遊しているという1級ポイント。そんな場所なので大型のマグロが狙えると、期待は高まるばかり。

しかし、この日は意外と荒れており、事前に船酔い薬を飲んだにも関わらず、到着するまでの約3時間の間船はアトラクション状態で、揺れに揺れ気分が…。なんとか船酔いを我慢して、とりあえずはヒラマサ狙いでジギングをすることにしました。しかし、ポイントに着くまでの船酔いの影響で、2回程投入した時点で一気に気分がぁぁぁー…で、ダウン。そこからは釣りの意欲など一切出ず、情けない事に船室でダウンしてしまいました。数時間ほど休んで目を覚ますとポツポツではあったがヒラマサを全員ゲットしているではないですか…トホホ。しかもマグロの魚影を追っている最中でもあり、私が寝ている最中に1度マグロに出会ったがヒットしなかったとのこと。これは再度、気合を入れなおして挑む事に。そんな中、海上に全員で目を凝らし「鳥山」を探していると、数十メートル先の水面に「イカ玉」と呼ばれるイカの大群が集まって水面が茶色に染まっている。それを見つけると、いきなり水中から何か大きなものが飛び出し水しぶきを上げる…マグロだっ! 水中から魚雷の如く何匹も飛び出し、イカを捕食している。すかさず船長がキャスティングしやすい場所に船を移動させると皆一斉にキャスティング。すると私の横で遂に小野さんにヒット! 一気に強靭な竿がしなる! 力と力の勝負で上がって来たのは30㎏オーバーのクロマグロ! 2人がかりでタモを持ち上げ捕獲成功! 船上はこれでもかと大賑わい。私の2歳の子供が12㎏なので、その3人分もの重量があるマグロをなんとか抱え上げ、歓喜の小野さん。

その後、なかなかチャンスがなく納竿の時間に…。数回しかないチャンスの中、7人で挑み1本ではあったがマグロを一目見ることができ、酔って辛い釣りではあったものの非常に楽しく貴重な経験でした。常に移動し回るマグロを追い、チャンスをものにし釣り上げるこの釣りは、磯釣りとはまた違う面白さと難しさを感じ、今度こそは船酔いに負けずに釣るぞ〜と意気込む私でした(笑)。

TEXT & PHOTO / DUEL フィールドスタッフ 安東弘敏

筆者のタックル

つり太郎WEB内を検索

バーコード