TOP ≫ 磯TOP ≫ 釣行記事

釣り場 : 大分県

Writer : 編集部

Residence : 大分市

Club :

Pride :

湾内チヌのハシリへ

2011年 3月 26日 16時頃

3月26日、小潮。木村さん一行は、鶴見湾内の「八島」に上礁。そろそろ数釣りを楽しめそうな、チヌ狙いに挑んだ。が、早朝からフグの猛襲が始まり、着水と同時にツケエ(沖アミの生)を盗られるばかり。フグの猛襲に耐えながらマキエを打ち続けて時合い待ちしていると、お昼前に急にツケエが残る様になる。「そろそろ時合いか?」と期待をしていると、遠投したウキがスゥーッと沖に引き込まれる! アワセを入れると、0・8号竿がグーンと弧を描き、穂先をコツコツとノックする。本命のチヌだ! この日最初のヤリトリを時間を掛けて楽しんでタモ入れしたのは、45㎝の腹ボッテリチヌであった! 木村さん一行は1時間の時合いで40㎝前後のチヌを2枚追加し、午後3時に納竿したのであった(タナは竿1本強)。

「3月に入ってからは極稀にチヌが釣れていましたが、どれも痩せていました。今日釣れたチヌはどれも腹が出ていて、食いが活発化しているようです。いよいよ、チヌ釣りシーズンの到来を予感させますね!」(第三正幸丸船長)。今後は海水温の上昇と共に日増しにチヌの活発化が期待される、鶴見湾内へ出掛けて見ませんか? そろそろ夜釣りで、アジの数釣りも期待できる頃ですよ!

筆者のタックル

つり太郎WEB内を検索

バーコード