TOP ≫ 磯TOP ≫ 釣行記事

釣り場 : 大分県

Writer : 編集部

Residence : 大分市

Club :

Pride :

日出一文字で乗っ込み前チヌ釣り

2011年 4月 3日 12時頃

4月3日、大潮。桜もポツポツと咲き出し花見がしたい気分の中、魚心会長の山本さんが日出の一文字に行こうと言うので釣行する事になった。前日に杵築に在住で「SSC」に所属している本田さんに状況を聞いてみると、あまり釣れていないとのこと。私も時期的にはまだ早いと思っていたが、とりあえず挑戦してみることにした。

山本さんと本田さんの3人で午前8時に日出港を出港し、5分ほどで一文字に到着。私と山本さんは沖一文字に、本田さんは尖港側の一文字へ渡る。今回私が用意したマキエは、沖アミの生2角、ジャンボ半角に、マルキューの「瀬戸内チヌ」が1袋、「チヌパワーV10白チヌ」が1袋、それにムギを1㎏混ぜた物を用意。ツケエには同じマルキューの「シャキ生」のLサイズと、エサ盗り対策に「くわせ練りエサ・チヌ」を用意した。

一文字の右端に釣り座を構え、様子を見るために00号のウキをセットし、仕掛けを投入。しばらく流して回収するが、流れが速く手前の方から仕掛けが浮いて来た。こうなるとマキエとツケエの同調が難しいので、半遊動に仕掛けをチェンジ。マキエを多めに打ち、ポイントを作りながら仕掛けの投入を繰り返していると、隣の山本さんにアタリが…(笑)。上がって来たのは良型のホゴ! すると私にもホゴが来た。その後もホゴだらけ…。やはり、乗っ込みチヌというより、まだ寒チヌみたいな感じ。そしてホゴのアタリもなくなり、ツケエが綺麗に残ってくる状態になってしまった…(涙)。私はポイントを一点に絞り、チヌが寄ってくるのを待つことにした。山本さんは別府方面に流れる潮に乗せて、波止を掠めながら仕掛けを流していた。すると竿が曲がり25㎝級のクロをGET!

「チヌはいないのか?」そう思っていると、潮がたるみ仕掛けを流し易くなった。「今がチャーンス?!」と思い、マキエを今まで以上に多めに打ち、仕掛けを流して行く。するとウキを押さえ込むアタリ! しかし、すぐに浮いて来てしまった…。ツケエを見るとチヌらしき噛み跡があり、期待が膨らむ。同じラインに仕掛けを流していると、別府向きに流れる潮と、私の釣り座の潮が重なる所で再びアタリがあり、今度は綺麗に海中へとウキが消えて行った! アワセを入れると、これまでにない重みが竿を通して伝わる! かなり抵抗を見せたが無事上がって来たのは、この日最大の44 ㎝のチヌ!

その後も同じラインを流すが後が続かず、またまた苦戦。ある程度仕掛けを流すと沖へ向かう潮を発見し、それに乗せて流しているとウキが見えるか見えないかという所で、一気に海中へと入って行った。これもなかなかの引きで慎重に取り込んだのは42㎝。さらに同じ要領で40㎝を追加して、昼食を摂ることにした。この後本田さんも私達がいる波止へ上がり3人で竿出ししていたが、いつもの様に睡魔に襲われ私はダウン…zzz。しばらく寝ているとなにやら騒がしい。起きて本田さんを見ると、竿が弧を描いていた。上がって来たのは良型の40㎝オーバー! コレを見ても睡魔に勝てず私は爆睡(笑)。結局、その後も状況は好転せず、5時の回収船で帰港となりました。

釣れたチヌはまだまだ乗っ込みチヌではなかったですが、例年のパターンや当日の状況などから、5月くらいから乗っ込みチヌが釣れ出すと予想しています。皆さんもそろそろ日出一文字の乗っ込みチヌに挑戦してみてはいかがですか?

FC魚心/本木佑樹・記

筆者のタックル

つり太郎WEB内を検索

バーコード